« 盛夏の季節、夏野菜類が盛況です。        家庭菜園報告 NOー275 | トップページ | 新涼の季節、秋冬野菜への準備開始です、   家庭菜園報告 NOー277 »

2011年8月 8日 (月)

’11年度 大豆と小豆栽培の様子。(NOーⅡ)   家庭菜園報告 NOー276

鳥取地方は今年も連日の猛暑日が続いております。
先月の
/2日のブログNOー273「’11年度の大豆、小豆栽培の様子(NOー1)」にリンク、続き自然栽培(無化学肥料、完全無農薬、無除草剤、雑草堆肥)での大豆、小豆の栽培の様子を報告します。

「’11年度の大豆、小豆栽培」の様子(NOーⅡ)」、
1)大豆が発芽しました。。

*6月27日(晴れ)大豆発芽開始です(種蒔き後約10日経過)

Img_2668ak Img_2659ak 6月17,18、21日、に種蒔きした「大豆の2種」が待望の発芽と成りました。
*黒大豆種蒔きx3畝(180箇所)、
*白大豆種蒔きx 22畝(1,360箇所)

Img_2655ak *発芽率は両品目ともで約95%程で良好でした、特に親類より進められて戴いた黒大豆は種が優良で略100%の発芽と成りました。
Img_2660ak*今年は種蒔き後は(6月中旬、7月上旬)梅雨の雨降りが全く無くて更にその後の高温とで一時は発芽が遅れ気味でしたが、ようやく7月上旬の台風雨で回復をしました。




2)大豆の新芽の育ちの様子。

*7月4日の畑(種蒔き後の約2週間の経過した大豆の新芽の状態。)
Img_2721ak*大豆の双葉も生え揃い良好な新芽の状態です。


Img_2719ak Img_2723ak *今年はお陰様で、ー昨年に酷く遣られた「鳥の被害(新芽を根元より切断、」も種蒔きした直後「鳥害対策ー鳥避糸と反射テープ」を遣ったお陰で「カラス、ハト、キジ等の鳥害」は全くと言って良いほど有りません。

3)大豆苗の2本立ち株へ間引き作業と植え替え作業。

 *7月11日。(種蒔き後、約3週間経過)Cimg8942ak
◎大豆苗の間引き作業。
*大豆の新芽も、初葉(双葉)が次第に終わり本葉が出始めましたので、ソロソロ2本立ち株へと間引きにの時期と成りました。
 Img_2891ak Img_2893ak
Img_3065ak








大豆苗の移植作業。Img_2795ak
*我が家の大豆の直播栽培では2本立て株へと発芽不足で空き箇所に補植の為に移植作業をします。

Img_2890ak Img_2797ak *大豆株は一箇所に2本立ち株が、葉身の密集が避けられ、新芽のその後の育ちや実付き等、
完全無農薬栽培では、この株間を広くし株数減らして(2本立て)この調整作業が後の大豆の害虫、病気予防に重要な作業と成ります。Img_2799ak    
Cimg9023ak*写真の様にこの時期に成りますと大豆の根には「大豆根粒菌」(この良し悪しが大豆の実付きが決まります)が良く育ってるのが認められます。
*一般大豆栽培農家では株間を狭く(約20cm程で)して栽培し収率効率を高めてますが、当方は大豆株の間(約35cm間隔で)十分に取っり、更に育ちの良くい苗を不足部分に移植して収穫の効率を図る為に作業してます。
4)7月下旬 大豆新芽の様子。
Img_3062ak*新芽の育ちと共に畝の雑草も勢いを増して来て葉身の伸びて、雑草取りと土寄せ作業が早速に必要な頃と成りました。
Img_3060ak 










◎「今年の
第一回目小豆栽培様子」
続き報告致します。

1)小豆の種蒔き作業の開始。

*7月12日。

Img_2900ak*小豆用の畝数ー6本。
*第一弾、
ー*小豆用の畝のサイズ。
ー畝幅約40cmx溝幅約40cm(長さ約22m)
Img_2895ak*種蒔き用の穴を40cm間隔(株間)-1畝に60ケ穴x6本畝
 :1箇所に小豆3粒x360箇所=1,080粒(約420g)

Img_2898akImg_2897ak*昨年度は小豆の畝は8本でしたが、今年は小豆分の植え付け畝を昨年より20%程減らし6本畝とました(その分を大豆用に増量しました)
Img_2914ak*幸い種蒔き直後に雨降りで畝に十分な水分が補足されましたので最適な土の状態でした。
   
 





2)小豆の発芽の様子。

*7月21、22日(小豆種蒔き後約10日経過)、
Img_3007ak *種蒔き後約1週間でようやく待望の「小豆の発芽」が確認できました。
*現在の発芽状態は発芽率は約99%(未発株が約10箇所)で昨年のに比較しても良好な発芽率です。Img_3010ak
*改善の原因としては
ー毎年の大型耕運機や小型耕運機に寄る、天地返し作業で畑の土壌の改善効果が有った。
ー種蒔き直前の除草作業の実地により発芽が促進された。
ー鳥害対策を種蒔き直後に実地し小豆の新芽の鳥被害(新芽を食べられる)を殆ど無くする事が出来た。
ー種蒔き後の雨降りで水分保存が良く、その後の高温と日差し等天候条件が適合した。
3)7月下旬頃
の小豆畑の新芽の生育の様子。
Img_3100ak*小豆種蒔き後の約3週間経過。
Img_3101ak *本葉も双葉が充分に伸びて良好な生育状態です。

Img_3098ak*8月上旬
、ソロソロ、雑草も出てきましたので、「雑草取り作業と土寄せ作業」の開始時期に成って参りました。

|
|

« 盛夏の季節、夏野菜類が盛況です。        家庭菜園報告 NOー275 | トップページ | 新涼の季節、秋冬野菜への準備開始です、   家庭菜園報告 NOー277 »

コメント

うなぎさん

初のご訪問有難う御座います。
家庭菜園専門のブログで余り変化の無い記事ばかりですが今後ともご訪問を宜しく。
田舎で自給自足を目指し今までの人生の経験を注ぎこんで?日々菜園作業に励んでます。

投稿: 久米仙人 | 2011年8月16日 (火) 19時14分

★こんにちは★
広大な豆畑を綺麗に整地して、揃って芽が出てきましたね。
豆類は、肥料をあまり施すと葉ばかりさんに葉茂って実が
付かないと、聞いた事が有りますがほんとですか???

トウモロコシは、収穫の時期だと思いますが、しましたか??
当方はヒゲ黒づむでいるので、試し取りましたところ、揃って
実が確りと入っていました。

仙人さんのところは、私より2~3週間ほど早い様に思ていますが、収穫はお済ですか???

*安さん
 お陰さまで、大豆作業は一息つきました。
豆類は肥料的には窒素系がメインですが、ご承知の様に過剰では葉身ばかり伸び実の入り不良を起しますので、難しいです。
 育ちの良し悪しは窒素根粒菌の出来で判断するしか有りませんネ。
 トウモロコシは今年は出来が良くて、鳥の被害も無く先週からバンバン採れ始めて連日堪能してますヨ。 久米仙人

投稿: 安さん | 2011年8月11日 (木) 17時41分

こんにちわ~お暑うございます~!
大豆も小豆も、三粒の種がそろって発芽する様子は、いつ眺めても素晴らしいですね!
畑が、キオツケ~!している感じです!
整然と、みのりの秋にむかって~!
いいなぁ~、清清しい風景です!
こちらの大豆(枝豆)は、例年通り、ちょこちょことした空きスペースに植えましたが、つる性のものが思いのほかぼうぼうとなり、発芽はしたものの、ヒョロ子さんで、いつのまにか消え去ってしまいました!
35CMの株間をとって、二粒の苗に整理して、育てるスペースがあったらなぁ~(笑)
宝くじにでも当たらないと~(笑)

*マルコさん
 お暑う御座います・・
今年は、外作業もブログも体力保持?でペースダウンで遣ってますので悪しからず。
 お陰様で、大豆、小豆畑も草取り、土寄せと終わり一段落付き一息ついております。
 正直、作物栽培には場所は有れば有るだけ嬉しいですが、約200坪も有ればその管理は時には楽しさを超越?し苦痛さえ感じますヨ。
 でも朝の爽やかな風と緑の大豆を見ると貴重な体験と自家製味噌作る楽しみで自己満足で遣ってます・・・ 久米仙人

投稿: マルコ | 2011年8月11日 (木) 10時58分

お邪魔します。
大豆も、小豆も仙人様の長年の経験による防護策が功を奏して被害も無く順調に育っているようですね。
大豆も小豆も補植が出来るのですね。
綺麗に生えそろった畝、草も無く良く手入れされているのですね。晩秋の収穫が楽しみですね。

*龍山さん
 何時もの変化の無い大豆ブログ記事で申し訳有りませんです。
お陰様で、大豆小豆とも栽培始めてより5年目に成り多少経験も出来ましたが、自然相手で年々難しい事を経験してます。
 6,7月とは大豆畑に掛かりきりで、此れから8月上旬は土寄せ、草取りと大事な作業中です。
自家製味噌を楽しみに遣ってます。  久米仙人

投稿: 龍山 | 2011年8月 9日 (火) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 盛夏の季節、夏野菜類が盛況です。        家庭菜園報告 NOー275 | トップページ | 新涼の季節、秋冬野菜への準備開始です、   家庭菜園報告 NOー277 »