« 新涼の季節、秋冬野菜への準備開始です、   家庭菜園報告 NOー277 | トップページ | 残暑の季節、秋冬野菜の種蒔き作業、     家庭菜園報告 NOー279 »

2011年9月 5日 (月)

'11年度 大豆、小豆栽培の様子(NO-Ⅲ)    家庭菜園報告 NOー278

鳥取地方も、8月下旬は多雨の日続きましたが、又その後は連日猛暑が続いてます。
 先の8月8日の「ブログNOー276「’11年度の大豆、小豆栽培の様子(NOーⅡ)」」続き自然栽培の大豆、小豆(無化学肥料、無農薬、無除草剤、雑草堆肥のみ)の生育と栽培の様子の報告です。
「’11年度の大豆、小豆栽培の様子(NOーⅢ)」、
 1)7月の猛暑での大豆の様子。

Img_3012ak*7月20日頃(種蒔き後の約30日経過)の大豆株の育ち様子です。
Img_3031ak*約一月経過して葉身が大きく育ち、其れに合わせて?雑草も勢い良く伸びて来ました、ソロソロ次週から雑草取り作業の時期と成りました。

Img_3013ak
*黒大豆の種蒔き時期が少し先行で葉身の育ちが多少大きいです。






2)大豆畑の草取りと作業。

7月22日ー26日、作業開始で約1週間程雑草取りは掛かりました。
Img_3029ak_2*第一回目の雑草取り作業は、最初に畝の溝の部分を小型耕運機で耕し土壌を柔かく攪拌して雑草を根元からかき出して雑草を取り易くして効率を良くします。
Img_3028ak*畝の上部の大豆の株の根元部分は機械や草刈鍬が入りませんので、手作業にての雑草取り作業をします。

Img_3030ak Img_3066ak
Img_3064ak








3)大豆畝の土寄せ作業。

7月23日ー8月2日 大豆畝の土寄せ作業の期間です。
Img_3033ak*第一回目土寄せ作業、ー(白大豆の畝の22本と黒大豆の畝3本)。
先ず最初に小型耕運機で往復して畝の溝を柔かく耕土して置き、
次に、溝作り用の三角羽根を付けて溝を深く掘っておきます。
Img_3044ak*更に小型耕運機では大豆株の根元には土が被ら無いので、最後には鍬での手作業で土寄せをします。
Img_3048ak*この大豆畝(25本)の土寄せ作業は大豆栽培には一番重要であり、日数も掛かる厳しい作業です。
Img_3062ak*土寄せ作業の目的は、大豆株の倒立防止、雑草抑え、土を十分に寄せて大豆根の生育の促進、水分の保水性を良くし、畝の溝を深くして排水性を良くします。
Img_3096ak*冬の収穫までには株の育ちに合わせて更に2回程の土寄せ作業が必要に成ります。

   





4)待望の大豆の花芽が付きました

*8月7日ー紫色の可愛い花芽が咲き始めました。Img_3253ak
*6月中旬に
種蒔き後の約50日程経過し待望の最初の花芽が確認できました。
Img_3139ak*大豆は花芽が出始めた時期から雨が降り十分に水分が補給されないと今後の鞘付きと実の入り具合に大いに影響が有ります、昨年はのの時期に猛暑で雨不足で大豆の実入りが悪くて収穫量が酷く落ちました。
Img_3140ak
*8月上旬頃の大豆畝の様子。 







○小豆の栽培の様子。

 *7月26日頃の小豆新芽の育ちの様子。 

Img_3008ak*7月末頃の小豆の新芽との伸び始めた雑草です。Img_3100ak_2









1)小豆畝の草取りと作業(小豆の畝ー6本)。

*8月2日ー小豆畝の雑草取り作業を開始です。
Img_3101akImg_3041ak*最初に小型耕運機で畝の間を耕作して、畝溝の雑草を掘り起こしておきます。Img_3122ak

*次に畝の上部の小豆株の部分の雑草を手作業で取ります、この作業は中腰ですので可なりの重労働に成ります。
Img_3128ak








2)小豆畝の土寄せ作業開始です。

*8月5、7日Img_3125akImg_3134ak_3雑草取りが終った小豆畝6本を小型耕運機の歯幅を狭く調整して畝溝を耕し土壌を柔かくしその後に溝作り用の三角羽根で深く溝を堀り、その後で鍬でもってで手作業で小豆の根元に充分に土を掛けてやり土寄せ作業と成ります。
Img_3123ak_2









Img_3130ak*8月中旬頃の小豆畑の様子です。 


|
|

« 新涼の季節、秋冬野菜への準備開始です、   家庭菜園報告 NOー277 | トップページ | 残暑の季節、秋冬野菜の種蒔き作業、     家庭菜園報告 NOー279 »

コメント

こんばんは

広大な豆畑に健全な大豆、小豆を大量に育てておられる様子
が良く分かりました。
御当地では、豆作り名人で有名だと思います。画像をアップ
したら害虫の被害も無いようで良かったですね。
野菜づくりも、ご夫婦がご健康で何よりですね。

収穫が楽しみですネ。 後は、味噌作りにされるのですよネ。

*安さん
 お久し振りでした。
自家製味噌用に大豆を栽培初てから約4年に成りますが毎年出来不出来の差が大きく天候の影響も有り難しい作物ですネ。
 収率も悪いので最近は農家も栽培面積が減りましたね。
 無農薬ですので虫も付きますが、味噌作りを楽しみに夫婦でノンビリと天候に合わせて遣ってます。

投稿: 安さん | 2011年9月 9日 (金) 22時07分

お邪魔します。
 小豆、大豆の草引きと土寄せご苦労様でした。畝間の草は小型耕運機で撹拌すれば除草できますが、根元の草は手取りになるので大農場は大変ですね。援軍は奥様ですか。
 除草、土寄せの済んだ一直線に伸びる畝は圧巻ですね。
これから秋にかけ豆の成長楽しみですね。
 
「愛情を 受けとめ育つ 豆畑 秋の豊作 心に秘めて」

 これからも大変でしょうが頑張ってください。 

*龍山さん
お久しぶりです。
 お陰様で今年の大豆、小豆畑の雑草取りと土寄せ作業が20日程も掛かり結構大変ですが、此れが豆の育に一番大事な作業で手抜きが出来ませんので、今は無事に終わり一息付いてます
 そうなんです、約200坪を家内と二人で遣ってますヨ、趣味で気楽に始めましたから何とか今でも続いております・・   久米仙人

投稿: 龍山 | 2011年9月 6日 (火) 08時08分

大豆、小豆畑の草取り、畝寄せ作業、おつかれさまです!
我が家では、どんなに植えても~せいぜい10本~20本くらい~(笑)
見渡すかぎり大豆畑なんですよね~しかも、一時、半端ではない暑さでした!
この記事をアップしてらっしゃるということは、とりあえずお元気でいらっしゃるのですね~
台風の方、大丈夫でしたでしょぅか~!?

*マルコさん
 御久し振りです。
お陰様で、台風は真夜中に頭の真上を通過しましたが不思議?にも雨風も酷くなくて無事に終わり全く被害有りませんでした。
 今年の大豆作業は昨年の反省から連荘の稼働は出来る限り避けましたので体力を消耗を消耗せずに無事に終り、秋冬に向って起き出した所ですヨ。   久米仙人

投稿: マルコ | 2011年9月 5日 (月) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新涼の季節、秋冬野菜への準備開始です、   家庭菜園報告 NOー277 | トップページ | 残暑の季節、秋冬野菜の種蒔き作業、     家庭菜園報告 NOー279 »