« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月23日 (金)

'11年度 大豆、小豆栽培の様子(NO-Ⅴ)    家庭菜園報告 NOー286

烏取地方も、12月に入り毎週末には雪がチラホラ降り始めて、本格的な冬の季節がもう直ぐ其処まで来ております。

「’11年度の大豆、小豆栽培の様子(NOーⅤ)」
  先月の11月19ブログNOー273」大豆、小豆栽培(NOーⅣ)」続き自家製味噌用の自然栽培(無農薬、無化学肥料、雑草堆肥)大豆の収穫と脱穀がようやく終りました。
1)今年の大豆栽培の経過。
Img_2575ak*6月中旬(17,18,21日)に今年の大豆種蒔きをしました。
 
*栽培面積はー約110坪ー「白大豆x22畝(1、360箇所)、黒大豆x3畝(180箇所)。Img_3048ak
*8月下旬ー大豆の株が勢い良く育っている畑の様子です。

Img_3321ak*9月中旬ー大豆の莢に待望の実が入り始めました。

Img_3836ak*10月中旬ー白大豆の葉身の乾燥が順調に進んでます。Img_3839ak
Img_3971ak*11月上旬ー大豆の葉が殆ど落葉し、白大豆の実は乾燥が終わり、ソロソロ収穫が出来そうです。

   

Img_3984ak11月中旬頃の黒大豆畝
ー黒大豆の葉と実の乾燥は未だ々不十分で、白大豆と比べても約1月程度遅い乾燥です。Img_3986ak









2)白大豆の収穫作業です。

Img_3980ak*11月17日ー待望の「第一回目の白大豆の刈り取り作業」が開始と成りました。
Img_4048ak*白大豆の刈り取り作業は大豆の乾燥具合に合わせて、11月末迄までに1週間置きに3回に分けて遣ります。
Img_4112ak*例年どうり、大豆株の刈り取りは剪定バサミでの手作業での刈り取りです。

Img_4052ak Img_4054ak Img_4059ak 
Img_4181ak12月7日、黒大豆の刈り取り作業ー黒大豆もようやく乾燥したので刈り取り作業をしましたImg_4110ak
Img_4062ak*刈り取りした大豆は枝付のままで約1月程の間屋内で保管して置き、何時でも脱穀作業が出来る様に十分に乾燥させます。
Img_4189ak*収穫後の白大豆、黒大豆の畑、
何も無くなった畝の寂しい様子です








3)大豆の脱穀作業。
Img_4206ak*12月13日ー
時折の雪が降りだし、ようやく晴天の日が続きましたので待望の大豆の脱穀作業と成りました。
Img_4211ak*移動用の脱穀機をJAから借り、運搬用の軽トラを知人から借りて脱穀機と納屋で乾燥しておいた大豆を大豆畑に移動しての外作業です、
脱穀作業は25畝分で約半日程の時間で終りますが脱穀機等の機械の準備が大変です。Img_4214ak Img_4218ak 
Img_4222ak
*白大豆は約2袋半程の量で、黒大豆は約1/3 袋ほど量です。
Img_4227ak*収穫後の、冬の快晴の大豆畑の様子です、今年の6月中旬から始まり約6ヶ月間の大豆栽培作業も今回の脱穀作業で無事に完了しました。




4)今年の収穫した大豆の様子。

Img_4230ak*今年の大豆の収穫量は
白大豆は約57kg(選別前総量)、昨年の収穫と比べると、今年は春先の好天、梅雨の雨降りでの花芽の付きが良好で更に夏の高温にも恵まれ等の影響、又植え付け面積を約10%程増した事も有り、昨年に比べて収量が約25%程の増量となり良い収穫でした。Img_4306ak                
Img_4224ak
黒大豆ー約4kg(選別前総量)の収量は、やや期待ハズレの結果
でした、初栽培の黒大豆は栽培が難しく、来年は種蒔き時期や株間、刈り取り時期等、もう少し検証が必要の様です(無農薬での黒大豆栽培の難しさを痛感しております)。
Img_4303ak*選別前の大豆の状態です。
今年の大豆の出来具合の検証です、
今年も一部害虫の被害での収縮豆や割れや、色付き豆等少し小粒豆も有りますが、昨年に比べては全体には結構良好な出来栄えが得られました。
Img_4305ak
*選別の写真で「左側が不良品」で、「右側が良品」です 、此れで見ると良品率は「約70%程」で昨年の「約50%強」に比較すると今年は良品率が高く良好な収穫が得られました。 

**今年も無事に大豆の収穫作業が終わりまして、此れで今年の家庭菜園の外作業も略終りましたので、今年の仕事納めです、ブログの更新も来年迄暫くお休みにさせて頂きますので、皆様よろしく願います。
*良いお年をお迎え下さいませ!!

| | コメント (3)
|

2011年12月 3日 (土)

向寒の季節、春豆の種蒔き時です。        家庭菜園報告 NOー285

烏取地方は先週末から連日雨降りが続いて、日々に寒さが厳しく成りだして気温も10℃以下の日が多く真に向寒の季節ですネ。
 雨の晴れ間に冬期に向っての菜園作業が忙しく成ってます。
1)春豆の3兄弟の種蒔きが終りました。
*11月27日。
Img_4145*今年もようやく、春豆の3種、
「キヌサヤ、エンドウ豆、ソラマメ」の種蒔きの時期と成りました。
Img_4146*キヌサヤーツルなし赤花x20箇所
Img_4149*エンドウマメ
ー実エンドウ、ウスイx20箇所。Img_4148
Img_4151*ソラマメ
ー大粒お多福x15箇所。Img_4152








Img_4153*周囲と比べると時期的に少し遅めの種蒔きと成りましたが、例年この時期(11月末)です、此方の地域は雪積の時期が結構永く3月中旬頃まで降りますので、余り早くの種蒔きでは豆の新芽が雪負けして枯れますので、出来る限り遅くにと種まき時期を意図して調節してます。
Img_4155*昨年迄は豆類の株間が狭く密集気味でしたので、今年は少し株間を広め(20cm程)に蒔きました。


*この後の1週間後に冬越用の「寒冷紗架け」と「防風用の支柱」作業の予定してます。
      

2)玉ネギ苗の追加植え付けしました。

*11月27日、
Img_4120*前の11月中旬の第ー彈の植え付けに追加で、第二弾の玉ネギ苗の植え付けです、Img_4122
*晩生玉ネギx100本
*赤玉ネギx50本

Img_4127ー今年は赤玉ネギは予定してませんでしたが、家人に強い希望での追加の定植と成りました。
Img_4128*今年の、玉ネギ苗の植え付け総数は4種で合計、450本と成りました。
     Img_4129 Img_4130










3)根菜類の今年最後の収穫が終りまし
た。

*サトイモ「石川小芋」も終わりです。
Img_379610月上旬より4,5回に分けて収穫して来ました、遂に最後の収穫と成りました。
今年のサトイモは春先の芽出し処理が良くて、非常に良好な出来でしたので連日食卓でその味と柔かさの料理に大満足の結果でした。Img_4002

Img_4095Img_4003*今年は「サトイモの保存方法」を試しとして、5株分を教本に有る様に「切り落とした株付きで泥付き芋の状態で水捌けの良い場所に穴を掘り土を被せてその上をビニールで覆い」保存してみました。
Img_4100_2Img_4007









Img_4103*ショウガの収穫が終りました、
Img_4104*10月上旬より消費に合わせて少しづつ掘ってましたが、残り3株分を根ショウガ収穫して完了です。Img_4105
*今年はショウガの出来が非常に良くて調味料の深み増進や焼酎、酒にショウガのエッセンスを添加して味わっていて何にでも使用して重宝してます。






**今週で今年の主な菜園作業が殆ど終わりに成りまして、今は一息付いてますが、未だ重要な大豆収穫と脱穀の作業が12月中旬頃まで続きますので、未だ々気休みが出来ませんネ。      

| | コメント (3)
|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »