« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

春本番、春豆の花芽が咲きました。         家庭菜園報告NOー292

烏取地方も連日晴天が続き、日中には25度程に成る日も有ります、この季節は野山のヤマツツジの花々も真盛りです。
 菜園も本格的に春の気配で色々と賑やかに成り、此れからは夏野菜の植え付けの準備で忙しくなって来ました。
1)春豆3兄弟に可愛い花芽が付き始めました。
*昨年の11月末に種蒔きし、今冬の大雪の影響で発芽と育ちが遅れ気味でしたが、ようやく春豆3兄弟に待望の花芽が付き始めました。
Img_0362ak*エンドウ、ウスイの真っ白な可愛い花芽。
Img_0363akImg_0364ak *キヌサヤ、赤花ツルナシの赤い花芽。
Img_0297ak *ソラマメ、お多福の白い花。   
Img_0223ak早速、ソラマメには直立式で支柱を立てました。
Img_0309akキヌサヤ、エンドウにはヤナギの小枝や小竹で支柱を立てツルを自由に伸ばし誘引します、回り四方は昨年の夏野菜の直立式支柱を残して補強してます。
Img_0222ak早速、ソラマメは脇芽を芽欠きして3本立てにする。
Img_0368ak*エンドウ、キヌサヤ類は1ケ所2,3本株に間引きし整枝しました。
   






2)京ネギ苗の植え替え作業です。

Img_0317ak_2 *昨年10月上旬に大豆畑に種蒔きした「京ネギ」が約半年経って植え替え出来る程に大きく成り、第一弾で約40本程を菜園の畝1/3に植え替えです、Img_0354ak








Img_0372ak*ネギ類は何時も種蒔きから
収穫まで約1年程も時間の掛かる作物ですが、料理には必需品の大切な作物ですネ。
Img_0406ak









3)ヤット、晴天続きで「玉ネギ」の育ちに勢いが出て来ました。

Img_0379ak*昨年11月中旬、450本植えた4種類「赤玉ネギ、早生玉ネギ、中生玉ネギ、晩生玉ネギ」が大雪と初春の低温で遅れて(特に早生玉ネギは雪害に多く遣られ)ましたが、今月中旬以降の高温で急激に伸びだして色付きも良く成って回復して来ました。Img_0307ak
Img_0288ak*一部の玉ネギの葉身が先週の暴風で遣られて倒れましたが、全体的には被害も少なくて此れからの育ちには影響は無い様です。
Img_0232ak*第二回目の草取りと追肥作業です。
此れからの時期追肥は余り過剰に成ると葉身が育ち過ぎネギ坊主が出易くなり玉太りが悪く成りますので控えめとします。


**山里の陽春の花の競演**。

Img_0265akミヤマツツジの紅紫の花の群落。Img_0251ak
Img_0253ak桃の花とヤマサクラの花の競演。  Img_0254ak

| | コメント (4)
|

2012年4月18日 (水)

ようやく、ジャガイモの植え付けが終りました。  家庭菜園報告NOー291

鳥取地方も4月に入り連日の好天続きですが、今年は例年よりも約10日も遅くて、ようやく桜が満開に成り一気に本格的に春に成りました。
 その分、菜園の春物や花芽や雑草も皆勢い付て来て外作業が忙しく成って来ました。
1)ジャイモ畝の植え付け準備作業です
Img_0066ak*3月中旬の晴れ間、
菜園と大豆畑の冬野菜の白菜、キャベツ、春菊、大根、蕪等を撤去跡片付けしてジャガイモ畝の準備開始です。
Img_0060ak*昨年より約4ヶ月振りに、雑草が伸び放題の畑に小型耕運機を入れました。
Img_0074ak*小型耕運機を入れた後、畝の底に有機肥料(牛糞、鶏糞、油粕のミックス)を根肥えとして入れ、その後に苦土灰(ジャガイモにはPH調整が重要ですから)を散布しました。Img_0048ak
Img_0071ak*ジャガイモ植え付け用の畝は、
菜園は2本畝と大豆畑は3本畝と合計5本畝を作り準備は完了です。Img_0097ak

 








2)ジャイモ種芋の植え付け作業。

Img_0077ak*4月8、9日に植え付け。
ー今年は例年より約1週間程遅くの植え付けと成りました。
Img_0078ak*今年のジャガイモの植え付け種芋は合計5.0kgです。
 ーダンシャク種芋x3.kg
 -キタアカリ種芋x1.0kg
 -メークイン種芋x1.0kgImg_0131ak
-今年は植え付けの数量を、
昨年より1品種(約0.5kg程)減らして、品種を3種に絞り、又出来るだけ切り分けする種芋を少なくし(丸芋のままの種芋を多くし)1種芋当りの大きさを平均50gサイズで植え付けし、1株毎の芋付きを大きく成る様に栽培してみようと思ってます。
Img_0101ak*昨年は種芋の準備で芋の切断面の乾燥不良や新芽での霜負けが起きの原因等で、株の育ちの不良が多く出ましたので、1株当りの採れ数量が余り良く無かったので今年は変更してみました。Img_0112ak
Img_0105ak*畝幅は約60cm、種芋の間隔は約35cmで、種芋の新芽を上方にし間に追い肥を置きます。Img_0109ak

Img_0136ak*我が家のジャガイモの収穫は何時ものとうり梅雨時の7月上旬頃の予定です。

   
Img_0146ak
Img_0106ak








3)大豆畑の跡形付け作業。

Img_0068ak*4月に入り久し振りに晴天が続きましたので、昨年12月より冬の間全く手付かずで放置していた大豆畑の小豆枝と大豆の脱穀の残骸を防虫の為に(小豆、大豆の枝は結構堅くて一冬位では腐り堆肥に成りませんから・・)野焼き作業をします。Img_0129ak
Img_0242akImg_0130akご承知の様に最近は田舎でも野焼は環境の問題より結構厳しく成って来ており、噂では大規模な野焼作業で罰金を徴収された農家も有るとの噂もチラホラ聞き及んでいます、世知辛い世の中に成ったものですネ。
 

| | コメント (3)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »