« ようやく玉ネギの収穫が終りました。        家庭菜園報告 NOー296 | トップページ | H24年度「大豆、小豆栽培報告NOー1」      家庭菜園報告 NOー298 »

2012年7月 8日 (日)

梅雨、ジャガイモの収穫期と成りました。     家庭菜園報告 NOー297

鳥取地方も先週から雨が降り続き、本格的な梅雨の季節と成ってます。
 此れで懸念された水不足は解消されましたが、此れから日差しが少なく日照不足と低温化が菜園には心配です。
1)梅雨の晴れ間、待望のジャガイモの収穫の季節と成りました。Img_1202ak
*4月8,9日に植付けしました、
ジャガイモの3種「ダンシャクx3.0kg、キタアカリx1.0kg、メクーインx1、0kg」
が春の低温等にも負けずに良く育ち、充分に葉身も枯れましたので梅雨の晴れ間を縫っての芋堀と成りました。

Img_1171ak*ダンシャクは3畝に植付けして約35.0kg程取れ、芋は大中合わせて8個程付いており比較的大粒芋が多く良好で した。
Img_1207ak*メークインは1畝に植付して約12.0kgの収穫、今年は芽欠きが等が良く大粒の芋が出来ました。Img_1204ak
Img_1178ak*キタアカリは1畝の植付けで約9.0kg程収穫、いつもながら芋は小振りですが、味が濃厚で一番人気の品種です。Img_1176ak
Img_1216ak*ジャガイモは3種で合計ー約56。0kg程の収穫ですが、ジャガイモは保存が効きますので此れで約1年間程の消費分量です。Img_1172ak
*今年のジャガイモ栽培の反省点としては、初めて「除草と保温を為」に約半分の畝に黒マルチを掛けましたが、土寄せ作業不足と一部芋焼けが起きましたので、来年はマルチ架けは再検討します。 Img_1175ak Img_1208ak









2)第一回目のショウガ苗の植付けが終りました。

Img_1132ak*4月下旬に最初のショウガ芋x1.0kg(10個分)を「発芽促進箱」にて発芽促進、約2月程経ってその内の新芽が5本出ましたので、ようやく畑に移植しました。Img_1134ak
Img_1138akImg_1137ak*第一回目促進分の種芋の残り5個(発芽不足分)と追加したショウガの種芋(9個)は再度に「発芽促進箱」にて発芽作業中ですので、後日7月末頃に追加で植付けの予定です。
Img_1130ak*6月末、サトイモ苗の追加分7本(前回時に発芽不足な苗を再度促進箱で発芽し)を追加で植付けしました、これでサトイモは計33株(3畝)と成りました。Img_1140ak









3)ようやく、ニンニクの収穫が終りました、今年は余り出来が良く有りませんでした。

Img_1052ak*昨年9月18日に植付けした「大型ニンニクx200g、小型x200g」と10月7日に追加した「小型ニンイクx200g」を天候の具合で少し遅れ気味でしたがようやく収穫しました。Img_1060akImg_1054ak
Img_1058ak*今年のニンニクの収穫は、大小型を合わせて約30個(300g)程で塊根の大きさも小型で昨年に比べても大変に不作の結果と成りました。Img_1062ak
Img_1059akl*原因として、購入の種芋が余り良く無かった(購入元を変更したので品質が落ちた)、今冬の大雪と春の低温で可なりの種芋が消滅しその後葉身の育ちが悪く、自然栽培の減肥料(有機のみ)ではこの大豆畑の土壌は、ニンニクの栽培は肥料不足等で難しい等と考えられます。
4)待望の夏大根が取れ始めました
Img_1194ak*5月21日に種蒔きした「夏大根、夏みどり5号」が順調に育ちようやく取れ出しました。Img_1144ak
*夏大根の栽培は例年遣ってますが、何時も害虫の被害等で結果が余り良く有りませんが、今年は低温のせいか害虫の被害も無く、小振りですが芯も無く、ホドホドの柔かさも有りで、貴重な夏大根特有の微妙な辛味を味わってます。
Img_1096ak*昨年11月に種蒔きした「ニンジン新黒田5寸」が小振りながら、この時期は薹が立つ株も出ますが沢山取れ出しました。Img_1095ak
**ニンンジン、玉ネギ、ジャガイモ、大豆、小豆は我が家の5大作物で一年中消費分を自家栽培でー「自栽自消」ーを目標で遣ってます。   

|
|

« ようやく玉ネギの収穫が終りました。        家庭菜園報告 NOー296 | トップページ | H24年度「大豆、小豆栽培報告NOー1」      家庭菜園報告 NOー298 »

コメント

久米仙人さん★こんにちは★
沢山のジャガイモの収穫が出来まして良かったですネ。
と、言っても久米さんしたら朝飯前ですよネ。

ジャガイモの大きさは芽欠き作業で左右しますよネ。私は一芽育てにしましたので満足をしています。
芽欠きした苗を育てて観ましたら少し小さいが芋がチャンと出来ました。

ジャガイモを収穫後の所にオクラ、トウモロコシを直種蒔きしたのが三十cm位に育ています。
ニンニクの収穫は葉が枯れるくらい成るまで置いとくですか。

*安さん
 ジャガイモは結構低温に強いせいか、心配してましたが、マアマアの出来でしたネ。
当方は芽は2-3本立てで栽培してますが、此れ位で芋の大きさも丁度の様です、然し、小振り系のキタアカリ等の品種は1本立ちが良いかもしれません。
 ジャガイモの後でもオクラ、トウモロコシが此れから間に合いますか?一考有りですネ。
 ニンニクは葉身が2/3程枯れた頃が収穫時期ですが、低温の天候と雨で今年は少し遅く目にしました(我が家は根菜類の収穫は遅めにしてます)。
今年は色んな要素で余り出来は良く有りませんでしたネ。   久米仙人


投稿: 安さん | 2012年7月18日 (水) 11時27分

こんにちわー!

じゃがいもの収穫、素晴らしいの一語につきます!
確か、遅い植え付けになりましたとおっしゃっていらしたように記憶しますが、時がくればそだっているものなんですね!
我が家のじゃがいもも、甥っ子のチビちゃんが来るのを待って昨日、芋掘りいたしましたが、大きいじゃがいもは入っていませんでした!
せいぜい卵大くらいでした!(笑)
夏だいこん!!とても新鮮です!
ほんのりとした辛みは、お蕎麦にもってこいですね!
来年の課題にしようかな!(笑)
我が家の里芋も、いまはおなじくらいです!!
ゴールについても同じくらいにそだっているといいのですがー!(笑)

*マルコさん
 ご指摘の様に、ジャガイモの植付けは昨年より約1週間程遅く、春先の低温で育ち遅れを心配してましたが、予想よりも芋の太り良く(雨が少なく収穫日も昨年より1週間も早く)育ち自己満足してます。
 改めてにジャガイモは寒系で低温に強く、丈夫なんだと実感しました。
 夏大根は例年、小振り成り出来が悪く難しいのですが、今年は気温も下がり、害虫被害も少なく、太りも良く、多少外皮は固めですが中は柔かく最近にしては珍しい位の出来です、辛味はオロシに麺類には最高で御裾分けして珍しく喜ばれてます。
是非挑戦を進めますヨ。    久米仙人

投稿: マルコ | 2012年7月16日 (月) 09時24分

こんばんは。
ジャガイモの収穫期ですね。2年も閉鎖されているとあれもこれもと次々に収穫を迎えている久米さんがうらやましい限りです。
九州は大変な豪雨で被害甚大のニュースを見ておりますが、久米さんの所は大丈夫ですか?

*wakaboshiさん
お陰様で、此方山陰は台風の影響は全く有りません、日本も広いですね・・
 今は玉ネギ、ジャガイモと収穫が終わり、大豆畑作業も一区切り付きました。
ヤハリ、普通に作物を栽培できる事は幸せな事と改めて感じます。
ソチラさんが2年も御休みが続くと、農作業の感覚が減退しまうのではと心配してます。
 早く元の姿にもどると宜しいですね。
    久米仙人

投稿: wakaboshi | 2012年7月13日 (金) 20時22分

お邪魔します。
 太ったジャガ芋沢山収穫できましたね。
 人参、ニンニク、夏大根と嬉しい収穫で作業の疲れも 吹っ飛んだことでしょうね。家庭で消費するほとんど の野菜を自給自足で賄っている仙人様の研究心には頭 が下がります。今年は大雪の影響を受けながらの見事 な収穫長年の経験と研究の成果ですね。これから暑く なりますので無理のない程度に頑張ってくださいね。
 「深雪に眠る野菜の息を聴く」

*龍山さん
 お陰様で、今年の低温で心配してましたジャガイモが例年どうり(実は収穫は菜園より10日程早くて)で良かったですヨ。
改めて、ジャガイモは寒さに強い寒系の作物と認識しました。
 書きました様に「自栽自消」を目指して此れからも菜園を遣ってますヨ。
日本の自給率には貢献してませんが・・
 此れから暑く成りますので、休み々で体調に注意していきます。
「春が来て、又夏が来る、畑かな」
               久米仙人

投稿: 龍山 | 2012年7月10日 (火) 17時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ようやく玉ネギの収穫が終りました。        家庭菜園報告 NOー296 | トップページ | H24年度「大豆、小豆栽培報告NOー1」      家庭菜園報告 NOー298 »