« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月20日 (月)

夏野菜と残暑の畑の様子。 家庭菜園報告    NOー299

鳥取地方は記録的な猛暑日が続き約1月殆どまともに雨が降ってませんので菜園は土埃舞ってます、ようやく旧盆も過ぎましたが未だ残暑が続いています。
 この時期は旧盆の行事と体力体力回復の為に外作業は控えてますが、ソロソロ夏の終わりの気配に追われ少しづつ秋冬種蒔き等の準備が始まります。

1)トウモロコシの収穫が最盛期です
Img_1444ak*6月4日移植した「トウモロコシ、ピータコン」x自家製ポット苗x68株、
今年の猛暑のお陰で急激に良く育ち、今年の旧盆の時期に昨年居続き今年も良い実入りと成り良い収穫が出来ました。
Img_1446ak*今年のトウモロコシは水不足の影響か少し小振りの実ですが、総数は約60本程取れ親類、知人に御裾分けして非常に喜ばれて、朝取りのトウモロコシを味わいました。
Img_1492akImg_1495ak*防鳥害用の黄色糸反射テープで鳥
の被害も無くて、一部の株は「アワメイガ」等の被害が出ましたが(雄花の除去の効果も有り)良い出来でした。
Img_1560ak*トウモロコシの収穫は短く約10日程の間で20日過ぎに全量終わりました。   







2)夏野菜類の収穫。

*今年は枝豆が良くとれました。 Img_1410ak
Img_1486ak*6月上旬に移植した自家製のポット苗(早生枝豆白鳥)x30株が全体に遅れ気味でしたが、ようやくこの時期に待望の収穫です。Img_1435ak
Img_1437ak*昨年は「黒大豆の種」を枝豆用に5月上旬に枝豆として種蒔きしましたが、葉身は充分に育ちましたが、夏の時期には殆ど実が入らずに失敗しましたので、今年は「早生枝豆用白鳥の種」 を購入して栽培しましたので、水不足の影響で花芽が少なく小振りでしたが、待望の収穫良く出来き夏の味覚をビールやサラダの具で堪能しました。
*葉ショウガの試し収穫をして見ました。Img_1508ak

*7月上旬に移植した「お多福ショウガ」x13株がようやく脇芽が伸び始めましたので、育ちの良い新芽の一部を「葉ショウガ」として始めて試しで収穫してみました。
Img_1530ak*写真の様に「葉ショウガ」としては未だ少し早や過ぎる様で勿体無いので「葉ショウガ」で採るのは止めて秋に「新ショウガ」として収穫出来るまで待ちます。
Img_1525ak










3)サツマイモの鶴の恩返し(蔓の返し)作業と脇蔓の整枝作業。

Img_1427ak*6月1日に植付けしました「サツマイモ金時x20株、ベニアズマ芋x5株、安納芋x5株」(2畝分)が水不足にも拘らず連日の猛暑で、蔓が充分に伸び過ぎましたので、芋付きと太りを良くする為に、例年どうりの「蔓の返し」「延びすぎた新蔓の整枝(蔓の刈り切り)作業です。
Img_1544ak*サツマイモは高温を好み、余り栽培に手が掛からない作物ですが、この2種の作業は芋の付き具合を決める大切なポイントです。

Img_1547ak








4)猛暑の畑の様子ーサトイモ苗と○○の育ちの様子です。
Img_1536ak*6月11日に植付けしました「サトイモ石川早生」x33株(促進箱で発芽させた苗)が今年の猛暑での乾燥と水不足で少し葉身が枯れ出しました、葉身、株元も昨年に比較して余り大きく育って無いので先が心配です、此れからの土寄せや追肥の管理が大切です。Img_1535ak
Img_1576ak**此れ「○○」は何の「作物でしょう?
ーそうです「コンニャク芋」の株です、このコンニャク芋は2年物の新芽の葉身が育った貴重?な作物です。
Img_1578ak*実は一昨年の植付けした「コンニャク芋の1年物と2年物の種芋」の畑での生き残りの株で「コンニャク芋」は実に丈夫で、もう少しすれば「不思議のコンニャクの花」が咲くかもしれません。

| | コメント (4)
|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »