« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

玉ネギ苗の植付け作業と秋の収穫です。     家庭菜園報告 NOー303

鳥取地方は今月初旬に大山が初冠雪と成り、此れから段々と晩秋から冬への気配が深まって来ます。
 菜園も秋の収穫と来春の植付け作業等が残っていて、未だ々忙しい日々が続いて居ります。
1)ようやく、玉
ネギ苗の植付けが終りました。
*11月12日Img_2257ak
今年は、早生玉ネギ苗を昨年より約1週間程は早目に植付けしました、実は昨年早生の植付けが少し遅れ大雪の被害いに遭い、苗の約半数程が雪負けで消滅してしまい最悪の結果と成りましたので反省で早目の植付けです。
*第一回目の植付け数(1畝+半畝分)


Img_2263ak*赤玉玉ネギ苗x50本
*早生玉ネギ苗x100本
*中生玉ネギ苗x100本

Img_2305ak*11月18日
*第二回目の植付け数。(1畝+半畝分)Img_2309ak

*晩生玉ネギ苗x200本
(後日に根付不良の分を約50本程補植する予定です)

Img_2311ak植付け総数は約450本程です、中、晩生玉ネギは長期保存が効きますので貴重です、此れで約1年程の使用分が確保できます。       Img_2313ak Img_2317ak











2)秋です、サトイモの収穫が出来ました。

Img_2282ak*4月末に石川早生サトイモの種芋1,5kgを促進箱で芽出して、6月11日にサトイモ苗x33個を畝3本に植付けしました。
Img_2341ak*11月4日、
サトイモの初収穫と成りました。
*11月20日に、今まで数回分けて収穫して来たサトイモの全部収穫が終りました。
11101612001ak*今年の総収穫量は約8,0kg程に成りました。
Img_2303ak*今年は夏季に雨が極端に少なく畑が水不足気味でしたので、サトイモの葉身の育ちは小振りです、約3割程は良好ですが、その外は芋付きも小振りで数量も少な目の収穫と成りました。
Img_2344ak*サトイモの4株分(約1,0kg)を其のまま畑の側に穴を掘り籾殻を入れビニールで覆って保存しました。

 



3)ショウガの収穫も終りました。
Img_1993ak*4月末に、お多福ショウガ+大ショウガ(追加分)x1,5kgを芽出し促進箱に植付けしました(大ショウガは発育不足で500g追加分した)
Img_2067ak*7月上旬、ショウガ苗x18株を1畝に移植しました。
*ショウガの種芋の発芽は非常遅く更に難しく今年も発芽は約22個の内18個で約8割程でした、ヤハリショウガの種芋の良し悪しと春先の気温の影響が大きいようです。Img_2337ak
*9月末より新ショウガが少しづつ収穫して、11月中旬に根ショウガとして収穫を終りました、全体としては約13株分がショウガとして取れました
Img_2068ak*例年ショウガの栽培は良い結果が得られず非常に難しく作物です、未だ々検証(芽出しの時期、植付けの時期、追肥等)が足りません。




4)ゴボウの袋栽培での収穫出来ました

Img_2346ak*5月1日ー滝川千成ゴボウをバラ撒きで種蒔きした。
*約半年経ちようやく11月初旬に初めてゴボウが取れました。
Img_2350akImg_2345ak*今年は一緒に「ゴボウの袋栽培」を初めて試してみました、今回は1袋だけでしたが想像した以上に非常に生育が良く大きさのゴボウが取れました、ゴボウ根の掘りだしも簡単ですので来年は沢山のゴボウの袋栽培を遣ってみます。Img_2347akImg_2348ak









**未だ々菜園は秋野菜の収穫と大豆の収穫、後片付け作業と今年終りまでには忙しい日が暫く続きそうです

 










   

| | コメント (3)
|

2012年11月14日 (水)

今年の小豆栽培の様子です。            家庭菜園報告 NOー302

鳥取地方も朝晩は気温が10度以下に成って野山も段々と紅葉に染って、秋真っ盛りのこの頃です。
我が家の菜園も秋の収穫と冬春物の準備で未だ々忙しいこの頃です。
   「’12年、今年の小豆の栽培の様子の報告です」
1)梅雨時頃、いよいよ小豆の種蒔きの開始。
*7月9日、
Img_1268akー今年は気温が高めなので昨年より約5日程少し早めに種蒔をしました。
*小豆種の種蒔き量はー約1、500粒(550g)。Img_1278akImg_1277ak

*畝幅は約40cm、1畝(約20m)に約55箇所に小豆3粒づつを幅約35cm間隔で9本の畝に種蒔きです。
Img_1293ak*昨年は小豆の収量が余り良く無かったので、今年は栽培量を約30%(畝を3本増やし)増しました。Img_1291ak 







2)待望の小豆の発芽が始まりました。

Img_1313akImg_1315ak7月20日ー、
種蒔き後約10日程で好天に恵まれて順調に発芽しました。
Img_1403ak*今年の発芽状態は非常良くて鳥害や害虫にも遭わず略100%程の良い発芽に成りました。Img_1371ak









3)小豆の新株の間引きと雑草取り。

*7月下旬~8月中旬頃ー
Img_1511ak*例年どうり に一箇所に種を3粒毎に種蒔きしましたので、出揃った新芽を2本立てへ間引き作業です。Img_1517ak
*この間引き作業は1株毎に莢付きを良く、風通しを良くして害虫の発生を防止するには、豆類の無農薬栽培では非常に大切な作業です。 Img_1641ak
*小豆畝の土寄せ作業と雑草取りは、普通の小豆栽培農家では余り遣りませんが、我がやの畑では此れからの小豆の葉身の倒立防止と風通しの為に収穫までには2,3回の作業をします。


4)待望の花芽が出始めました。
Img_1770*9月10日ー種蒔き後約2ヶ月で待望の花芽が出始めました。
Img_1816akImg_1818ak*この時期は雨量の多い天候が花芽の着荷には非常に大切で必要です、その水分の過多小が花芽の付き具合と、その後の莢付きや実付きの状態に影響し此れにより小豆の出来が決まります。
 




5)小豆の莢に実が付き始めました。

Img_1979ak*10月2日ー種蒔き後の約3ヶ月Img_1977ak経ち段々と可愛いい実が付いてきました。
*この時期の実が付く頃が小豆栽培で一番に収穫の楽しみを実感する嬉しい時ですネ。





6)小豆の莢が段々と乾燥してきました

Img_2129ak*10月中旬頃
ー連日の好天で日増しに小豆の莢の乾燥が始り、小豆畑全体が色付き始めていよいよ収穫の時期が近付いて来ました。
Img_2122akImg_2131ak*全体の6~70%程の葉が枯れ始めて、莢の3~40%程が乾燥したら収穫の開始です。  






7)今年の小豆の収穫が始まりました。

*10月25日頃
Img_2225akー種蒔き後の約3ヶ月半程経ち、いよいよ待望の小豆の収穫開始と成りました。
Img_2132ak*我が家の小豆の収穫方法は、実の乾燥の進行に合わせて、約1週間置きに少しずつ、3,4回に分けて(実の落下の防止と害虫の被害の拡大を少しでも少なくする為に)収穫して行きます。

Img_2139ak*今年の小豆の実の付く具合は、初夏の雨不足や猛暑の影響等で全体に株と莢の育ちが小振りと成りました





8)今年の小豆の収穫が終りました。

*11月上旬。4回目の収穫で完了です。Img_2248ak
*今年の小豆の総収量は約8.8
kg(選別前で)程で昨年より約20%程増量ですが、昨年に比べて高温での害虫が多く影響等で虫食い不良豆が多い有る様で良品収量は減る予想です。Img_2273akImg_2275ak

| | コメント (2)
|

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »