« 玉ネギ苗の植付け作業と秋の収穫です。     家庭菜園報告 NOー303 | トップページ | 平成24年 「大豆栽培の報告 NOー2」です。                  家庭菜園報告 NOー305 »

2012年12月11日 (火)

初栽培のソバを収穫しました。     家庭菜園報告 NOー304

鳥取地方も日増しに気温が下り初雪も近く成り本格的な冬が其処まで来ています。
 今年の菜園作業もほぼ終わりで、先週は菜園や畑の残り作業で大忙しの日々でした。

1)今年、初めて栽培したソバが初収穫出来ました。
*9月初旬に種蒔きしたソバ5畝(約40㎡)
Img_2237ak*好天に恵まれて順調に育ち10月初旬には実が付いてきました。
Img_2238ak*10月下旬、ソバの実が段々と褐色に色付て来ました。
Img_2293ak*11月上旬、種蒔き後の約2ヶ月程経過して実の入りも終わり、その実の全体の約80%程が黒褐色と変色しソバの実の乾燥が充分に終った様ですので、実の落脱が進まない内に手作業で刈り取りの収穫をしました。*今年の収穫した実の付き具合を良く見て、来年の種蒔きの時期と取り入れ時期を検討してみます。
11101450002ak*ソバの収穫は始めてですので、ソバの株毎を全部刈り取って実家の納屋に保管して十分に乾燥させます。11101522000ak
Img_2370ak*今回は、屋内で約半月以上充分に乾燥させたソバの実を手作業(棒や木槌等で叩き)で脱穀します。
Img_2460ak
*脱穀後の葉枝の混ざったソバの実を5分目金網で荒選別して、其れを更に細かい目の金網で何回繰返して調整して行きます。
Img_2482ak*3ツの金網は左5分から少しづつ細かい目で選別して行きます。
Img_2461ak*荒選別のソバの実で此れから時間を掛けて年内に徐々に選別です。
*未だ選別の途中で総収量は解りませんが、写真のボールで6パイ(約3kg)分位と予測しています、初自家栽培のソバの実で此れからソバ粉に加工(仕様は検討中)し自家製ソバを味わう楽しみが湧いてきました。

2)ようやく、今年も「春豆3兄弟」の種蒔きが終りました。
*11月下旬Img_2431ak
Img_2422ak
恒例の春豆3兄弟(キヌサヤ、エンドウ、ソラマメ)の種蒔きです。例年、此れからの降雪時期と春先の雪負けを避ける(余り早く芽が出ると春雪に新芽が遣られる)為に例年この時期に種蒔きします。
Img_2426ak*キヌサヤ(赤花ツル有り)x20箇所
Img_2430ak*エンドウマメ(甘いツル有りエンドウ)x20箇所
Img_2423ak*ソラマメ(お多福、1寸ソラマメ)X20箇所
Img_2434ak*例年どうりに寒冷紗を架けて防寒対策をして更に防御と春先のツル用の支柱も寒冷紗保護の為に今から立てて置きます。
   

3)気温が下がり、冬野菜達の初収穫が盛況です
Img_2325ak*9月12日に種蒔きした
「大根、夏ミドリ5号」が少し遅れ気味ですが立派に初収穫出来ました。Img_2324ak
Img_2351ak*9月上旬に種蒔きの
「聖護院カブ」も取れ出しました。
Img_2280ak*9月中旬に植付け、キャベツも待望の初収穫で、キャベツ、ブロッコリが取れ出すと冬野菜の本格的なシーズンの始まりを感じます。Img_2352ak*ブロッコリは未だ実ライが小さく収穫には時間が掛かりそうです。
Img_2327ak*インゲンマメー今年試しに秋(9月中旬)に種蒔きして冬取りでヤット取れ出してこの時期に胡麻和え等で味わってますImg_2326ak
Img_2267ak*8月下旬に種蒔きの
「ニンジン。時無し5寸」が連日の低温で色鮮やかに味も濃く成って自家栽培を美味しく味わってます。
**今年の菜園も大豆の収穫、脱穀作業が終れば一区切り付きそうです。
 

|
|

« 玉ネギ苗の植付け作業と秋の収穫です。     家庭菜園報告 NOー303 | トップページ | 平成24年 「大豆栽培の報告 NOー2」です。                  家庭菜園報告 NOー305 »

コメント

今晩は
見きり発射された蕎麦を遂に、収獲されたのですね。
今では、大量に生産せれている所では機械よる加工をされているものを手作業より蕎麦粉に加工を手間暇かけてしておられるのですね。
それが、家庭菜園ではの良い所だ思います。
久米さんは、作物に対しては常にチャレンジをお持ちで頭が下がります。
聖護院蕪も色々の形が有るのですね。私のは、丸型です。赤カブは、薄くスライスしてラキョウ酢に漬けて食べるのが美味しいですね。
インゲンが今の時期に収穫が出来るのでか???

*安さん
 そうなんです、知人に誘惑?され勢いでソバ栽培を始めましたが、意外と周囲に作っている人が居なく全て参考書等試行錯誤で遣ってますので、如何なりましょうか?其れも家庭菜園の楽しみの内ですかネ。
 確かに聖護院の名も付く物には、蕪や大根系も有りで形も少し違うようですが味覚は同じ様で、我が家では煮物がメインですネ。
インゲンは菜園ブログで見ると、通年で取れますので特に冬に作ってますが、時期は短いですネ。       久米仙人

投稿: 安さん | 2012年12月22日 (土) 22時17分

こんばんわー!

お蕎麦って種まきから収穫までの期間がみじかいんですね
僅か二ヶ月とは、ビックリ
大晦日の年越しを、自家製お蕎麦でむかえられるなんてとても風流
広い畑がありましたら、こちらもまねっこしたいくらいです
蕎麦がき、大好きなのでチョッピリ憧れます
お豆さん類、こちらも遅い種まきとなり、不織布で覆っていますが、まだうんともすんともなんですョ
霙が降るほどの寒い日も有り、当分発芽はさきになりそうです
お大根、人参、キャベツ、見事ですね

*マルコさん
 ソバは友人に進められ初栽培でしたので、色々新しい事を経験しました。
おしゅる様に種蒔き後2月程で実が付くには驚き、その速さ容易さに昔の人が主食の補助で栽培する理由が解りましたネ。
何せ初物で、此れから選別、製粉と試行錯誤で遣っている最中で何時味わえる未定ですヨ。
当方も春豆は種蒔き後直ぐに初雪が降りましたので、発芽が遅れ気味ですが、例年発芽不良分は春先に再度種蒔きしてやってます。
              久米仙人

投稿: マルコ | 2012年12月18日 (火) 23時38分

お邪魔します。
 冬将軍がまじかに迫る畑もいよいよ穀物や野菜の最終収穫と春野菜の種まきの時節になってきましたね。仙人様はたくさんの穀物を栽培されているので、収穫の後の作業が大変ですね。
 今年は大豆、小豆とソバも収穫されこれからソバの選別や恒例の大豆の加工と続きますね。今年の年越しソバは自家製100%セントのソバ粉で仙人様の手打ちソバになりますね。
 美味しいでしょうね。頑張ってください。

*龍山さん
 お陰様で、大豆、ソバと2代品目の収穫、脱穀が雪が来る前に終りましたので一息付いてます。
然し、ご承知の様に冬休みの加工用の選別が有りますので暫く作業が残ってます。
ソバ初めなので荒選別が終ったばかりで、未だそば粉に成ってませんので、年越しに間に合うのか未だ思案中です。   久米仙人

投稿: 龍山 | 2012年12月13日 (木) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 玉ネギ苗の植付け作業と秋の収穫です。     家庭菜園報告 NOー303 | トップページ | 平成24年 「大豆栽培の報告 NOー2」です。                  家庭菜園報告 NOー305 »