« サトイモ、ショウガを催芽箱での芽出しを遣りました。 家庭菜園報告 NOー313 | トップページ | 夏野菜の自家製苗作りをしました。         家庭菜園報告  NO-315 »

2013年5月19日 (日)

夏野菜の植え付けが終りました。           家庭菜園報告 NOー314

鳥取地方も連日好天が続いて5月なのに30℃近くのも揚がる天候です、又10日以上も雨が殆ど降らなくて畑は水不足で砂漠状態です。
1)ようやく、待望の夏野菜類の植え付けが終りました。
*今年は5月の連休に例年より約1週間早く夏野菜の植え付けをしました。
*植え付けした夏野菜の苗の品目と数。
Img_3223ak*ミニトマト苗x4本、瑞栄トマトx2本、桃太郎トマトx2本
Img_3325ak*丸ナス(クロワシ)x2本、長ナスx3本、千両ナスx2本
Img_3224ak*ピーマン(京ミドリ)x2本、ピーマン(エース)x2本、シシトウx1本
*キュウリx4本、*オクラx2本、*ゴーヤ(レイシ)x2本、
*カボチャ(エビス)x2ほん、カボチャ(ミヤコ)x2本
*小玉スイカ)赤)x2本Img_3326ak
*丸ナス(クロワシ)は我が家での料理の食材には欠かせないこだわりの野菜です。
Img_3247ak*例年、大玉トマトとナス類の実付きと玉太りは高温の天候と水分に大きく影響され易く難しい作物です
Img_3248ak*カボチャは此れからツルが伸び場所を取りますので、ネットの空中栽培と大豆畑の空き畝での2ケ所で植え付けします。
Img_3424*小玉スカイは家人の要望で今年始めての栽培してみましたが、我が家の完全無農薬、有機栽培では害虫被害等可なり実付きの困難が予想されますが・・。Img_3425ak

Img_3388ak*大豆畑のカボチャとスイカは最初は行燈式(ビニール袋で囲い)で植付けしました。Img_3387ak

 

Img_3330ak*植付けした苗は保湿と保温を促進する為に敷き藁と仮の支柱を立て、此れから暫くは毎日の水遣りが大変です。






2)5月上旬です、ジャガイモのマルチ架けと脇芽欠き、土寄せ作業をしました。

Img_3333ak*3月末に植付けのジャガイモ4種(ダンシャク、キタアカリ、メークイン、ほのか)が約40日程経過して、4月の低温で少し遅れ気味でしたが、5月の好天で順調に育ってようやく、第一回目の脇芽欠き作業が出来ました。Img_3270ak
Img_3339ak*我が家ではジャガイモの新芽は育ちの良い物を2~3本を残しで芽欠きしますImg_3281ak
Img_3344ak*その後は少し追肥してその根元に十分に土寄せをします。Img_3286ak
*大豆畑の5本の全畝には昨年結果が良かったので保温と除草作業を省く為に「マルチ架け」をします。

Img_3290ak Img_3294ak 









3)葉物類の発芽と間引の作業です。

Img_3366ak*先月種まきした葉物類が順調に発芽しましたので、早速間引きをしました、この作業は後の育ちを良くする為に非常に大切です、何時も我が家は葉物類は厚目に種蒔きしますので、間引きした新芽は「間引き菜」として和え物で戴いていて重宝してます。
Img_3367ak*ホウレンソウとチンゲンサイの新芽と間引き菜。Img_3371ak
Img_3358ak*ニンジンの新芽と間引き。Img_3357ak

Img_3377ak*根深ネギの新芽。
Img_3351ak_2 *ソラマメが約70cm程に育ち花芽も勢いが出て来ましたので、早速実の付きを良くする為とアブラムシ発生防止(新芽に付き易い)の為に先端の新芽を摘心します。Img_3354akImg_3353ak

|
|

« サトイモ、ショウガを催芽箱での芽出しを遣りました。 家庭菜園報告 NOー313 | トップページ | 夏野菜の自家製苗作りをしました。         家庭菜園報告  NO-315 »

コメント

こんにちわー!

夏野菜の植え付け、お疲れ様です。
定番のトマト、胡瓜、茄子のほか、アレもこれもいろいろ賑やかですね。
これだけ多種な野菜が揃うと、毎日の食卓、自家採取のお野菜でまにあいそうです。
うらやましい~~~
今年は、暑い夏になるとかいっています。
もしかしたら、あま~いスイカが期待できるのでは。
こちら、どうしたことかジャガイモに花芽がつきません。
追肥したり、土寄せしたりしていますが、なんとなくこころもとないかんじ。
今のところ、何が原因なのか不明です。
こんなこともあるのでしょうか~~

*マルコさん
 我が家は小家族ですので、色んな種類の夏野菜で出来栄えを楽しんでます。
無農薬ですのでスイカ栽培は遣ってませんでしたが、小玉スイカは被害が少ないとの事で初のTRYで楽しみですネ。
 ジャガイモの花芽付きは、今までの経験では芋付きの良し悪しに余り関係有りませんネ。
花芽の少ないのは品種の関係か、気候の関係でしょうネ。
                 久米仙人 

投稿: マルコ | 2013年6月 8日 (土) 09時37分

久米仙人さん★今晩は★
夏野菜の植え付けが終わった様で一段落ですね。
植え付けが済まないと落ち着きませんね。

ジャガイモ芽欠きと追肥、土寄せ作業をされたのですね。
私は、二回目の追肥、土寄せも済ましたところです。

お尋ねしますが、ジャガイモの芽が出てから黒マルチをされたのですか。???
もしそうであれば、イモを植え付けの時に同時に行うのが効率が断然に良いと思います。

コメントが遅くなって御免なさい。

*安さん
 春菜園のメイン?作業の夏野菜類の数回での植え付けが終りましたので一息付いてます、その分水遣りが大変ですが。
 そうなんです、我が家のジャガイモは植え付け時に畝に列ごと溝を堀り、種芋の間に追肥入れ、又発芽後に芽欠きと土寄せを遣ってから後に成るので、面倒ですがマルチ掛けは(大豆畑分のみ)発芽後にしてます。
 此方こそ、最近は更新をペースダウン(体力保持?)し2,3回/月程で、更に不定期気味なのでお互いに気にしないで下さい。   久米仙人


投稿: 安さん | 2013年5月24日 (金) 22時58分

久米仙人さん
今日も暑いくらいの、お天気ですね~
広大な菜園畑の作業も、しんどくなりますね。

野菜達も、仙人さんのお家の食卓に、上がるように
どんどん・・育っている事でしょうね~新鮮な野菜は
美味しいくて、良いですよね・・羨ましいなぁ~

我が家のプランター菜園??(笑)・・のきゅうりも
とまとも、元気に育ってま~す(微笑)

毎朝のお散歩コースに、市民農園があり、皆さん、
楽しそうに、作業しておられます。それを見る度に
仙人さんも、今頃は・・せっせと畑仕事して、汗を
流して、おられるんじゃないかな・・と思ってますよ。

こちらでも、そろそろ田植えが始まるんでしょうか??
準備されている様です。暑いときです、お身体を大切に
して下さいね。

*山ゆりさん
 今年は異常な程気温が高く、此方は27度にも成り夏日ですヨ。
 植え物が終わり、水遣り以外の外作業は少しペースダウンしてます。
 プランタンのキュウリ、トマトが順調とかで収穫が楽しみですネ。
ようやく、キヌサヤ採れて、もう直ぐ本格的にエンドウ、ソラマメ、新玉ネギが取れ出します。
 此方社地区の田植えは今~来週が最盛期に入りますネ。
                久米仙人

投稿: 山ゆり | 2013年5月24日 (金) 11時54分

久米仙人さん・こんばんは~☆
 
夏野菜の植え付け、お疲れさまでした~
沢山の野菜を、植えられるんですね。畑仕事も
暑いと大変ですが・・何より収穫期の事を考えたら
頑張れますよね。でも無理しないで下さいね~
菜園報告を読みながら・・いつも凄いなぁ~と思ってます。野菜の写真が、UPされる度に・・母の事を想い出します。 人参の葉・・おひたしにしてくれたのですが、
もしゃもしゃして、食べにくかった思い出が・・(笑)
今日は、家庭菜園している友から、えんどうまめを
頂き、豆ご飯を炊きました~(笑)

*山ゆりさん

 お陰様で、春のメイン作業の夏野菜の植え付けが終り今は一息付いてますヨ。
 そう、葉物は間引き菜は和え物で食べてますが流石にニンジンの間引き菜は苦くて不向きですネ、然しサラダの具にはその新根が最高ですヨ。
 此方はようやくキヌサヤがヤット採れ始めて春の味覚を味わってますヨ。   
                  久米仙人   


投稿: 山ゆり | 2013年5月20日 (月) 18時30分

お邪魔します。

いよいよ夏野菜の植え付けですね。

毎年沢山の苗と種類、羨ましい限りです。

ジャガイモのわき芽取りご苦労様です。

それに春豆三兄弟の手入れなどで忙しい日々が続きます

ね。

家庭菜園の域を脱してお百姓さんの栽培面積のようなの

で、無理のないよう頑張ってください。

*龍山さん
 夏野菜の植え付けは例年我が家は小家族ですので控えめにと考えてますが、植え付け始めますと、つい家庭菜園者のサガで増えてしまって毎年反省してます。
 菜園も好天続きで、春豆、ジャガイモ、玉ネギ等の手入れで忙しくしてますが、年齢を考えて、控えめを心掛けてます。
                  久米仙人

投稿: 龍山 | 2013年5月19日 (日) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サトイモ、ショウガを催芽箱での芽出しを遣りました。 家庭菜園報告 NOー313 | トップページ | 夏野菜の自家製苗作りをしました。         家庭菜園報告  NO-315 »