« 春真盛り、玉ネギが盛況です!   家庭菜園報告 NOー312 | トップページ | 夏野菜の植え付けが終りました。           家庭菜園報告 NOー314 »

2013年5月11日 (土)

サトイモ、ショウガを催芽箱での芽出しを遣りました。 家庭菜園報告 NOー313

鳥取地方、4月は比較的に気温の低い日が多く生育が少し遅れ気味でしたが、5月に入り快晴の日が続き、その分作物の育ちが盛況に成って、菜園作業が忙し成りだして日々良い汗を掻いております。
1)サトイモ、ショウガ種芋は催芽箱で植えて芽出しを遣ります。
Img_3090ak*今年の種芋の植え付け。
ーサトイモ石川早生x1.0kg(約21個)
ーサトイモ赤芽晩生x500g(約10個)
Img_3060ak*ーショウガお多福x1.0kg(約18個)

Img_3066ak*芽出し用の促催芽箱はダンボール、30cmx40cm程度のサイズの物を3個使用し、元肥料として、牛糞、鶏糞、油粕のミックスした物を腐葉土と合わせて培土とします。
Img_3094ak*サトイモ、ショウガの種芋は約7,8cm間隔で十分に置き、1箱当り3x6列で並べて植えます。
Img_3097ak*サトイモの種芋は出ている芽を天面に向け様に注意して植付けします。
Img_3098ak*ショウガ種芋は芽を2,3個付けて(先に切断面を天日で2日程乾燥させてから)植付けして軽く5cm程覆土をします。
Img_3101ak*植え付けした上には保湿と保温を良くする為に「敷き藁」をして、十分に灌水をして発芽を促します。
Img_3102ak*催芽箱はビニールトンネル(天面には穴を数箇所あけて置く)を掛けて温度を揚げる様にします。
Img_3107ak*4月中旬ー今年の種芋の植え付けは高温の天候で、昨年より約10日程も早く催芽箱での芽出し入れと成りました、例年サトイモ、ショウガ共に発芽には約1ケ月程も時間が掛かり更に新芽が出て本葉が2,3本出て植え付け出来るまでに更に10日程掛って発芽の難しい作物です。
 
2)春豆3兄弟に昨年12月上旬に種まきして、待望の花芽が付き始めました。
Img_3129ak*ソラマメ(お多福)の花芽が一番最初に咲き出しました、早速1株3,4本立ち株に整枝して根元に油粕等を追肥です。Img_3130ak
Img_3349ak*キヌサヤ(赤花)にも赤白2色の可憐な花芽が付き出しました、エンドウ豆に比べて少し付が遅いですネ。Img_3348ak
Img_3350ak*エンドウ豆(ツル有り白花)は一番勢いが有り、この様子では実付が一番に成りそうです。Img_3213akImg_3347ak
     









3)4月下旬、春夏野菜類の種まきです。
Img_3029ak*根深太ネギ、この作物は収穫迄に半年近くも時間が掛かりますので早目での種まきです。Img_3031ak
Img_3076ak*ゴボウ(滝野川うまい)、
ゴボウは昨年少しだけ栽培し良く出来て好評でしたので今年は昨年よりも早くの種まきですImg_3077ak
Img_3177ak*ホウレンソウ(次郎丸)ー定番の葉物です、移植した葉物類が少なく成ってきましたので種まきです。
Img_3181ak*チンゲンサイは一年中収穫出来でき中華等に重宝してます。

*後は、レタス、キャベツ、枝豆等の種まきの予定です。
   

|
|

« 春真盛り、玉ネギが盛況です!   家庭菜園報告 NOー312 | トップページ | 夏野菜の植え付けが終りました。           家庭菜園報告 NOー314 »

コメント

久米仙人さん

こんばんは☆ 今日も暑い一日でしたね。
菜園仕事も、忙しいでしょうね・・仙人さんに
刺激されて・・今日、きゅうりの追加と、朝顔の
種を蒔きました・・今年も沢山咲いてくれるといいのですが・・まぁ~楽しみに待つことにします。
ごうやも、初挑戦しました(笑)
プランター菜園も・・いいもんですよ~~

仙人さんの菜園報告を読みながら・・お百姓さん気分??
になって(笑)植えたきゅうりや、とまとを育てたいと
思います。とまとは、可愛い実がなっています。

*山ゆりさん
 ご訪問有難うございます。
連日の好天で、野菜達には毎日水遣りで大変です。
 当方も先週夏野菜類の植え付け(約8種13品目程)が終り一息ついております。
 そうなんです、ミニトマト、ゴーヤ、キュウリ等は丈夫で育ちが早くてプランタン栽培には最適で、新鮮な実が成りますから、収穫が楽しみですヨ。
水遣りが大切ですが、プランタンでは水の遣り過ぎでの根腐れに注意して下さい。                    久米仙人

投稿: 山ゆり | 2013年5月17日 (金) 19時34分

こんにちわー!

里芋、生姜の芽出し箱、参考になります。
こちらは、昨年取れた里芋やお芋類をダンボール箱に入れリビングにおいておりましたら、いつのまにか芽出ししていましたので、ありがたやーの植え付けをすませたところです。
お芋は、ことしもトンボ栽培で、実験を続行しています。
だんだん手を抜くことばかり考えているのやも(笑)
本業の方には、収穫量が少ないので見放された栽培法ですが、今年もまた挑戦してみます(笑)
春豆三兄弟、花の季節なんですね。
そろそろ初取りを楽しまれている頃でしょうか~~~
*マルコさん
 サトイモ、ショウガ芽出しには結構苦労しますが、その分収穫時には料理に重宝しますので楽しみが倍増しますネ。
 お店の方が多忙で菜園の方までは時間を掛けられ無いでしょうから、出来る時農業?の手抜きが宜しいと思いますヨ。
キヌサヤ等は今週末位から取れ始めそうで楽しみです。    久米仙人 

投稿: マルコ | 2013年5月14日 (火) 10時29分

久米仙人さん

おはようございます・・またまた訪問させて頂いてます。
今日も、暑そうですから菜園作業、ぼちぼちして下さいね
ジャガイモの花も咲きましたらUPして下さいね~
今年もプランターで、とまと・きゅうりを、植えています
仙人さんの様に、広~い畑ならいいのですが・・
ブログを見ては・・ため息ばかり(笑)今年も収穫が楽しみ
でしょうね(^-^)菜園報告楽しみにしています。

山ゆりの正体・・わかってしまいましたね(笑)
やっぱりね~♪ また訪問させて頂きます・・(^-^)

*山ユリさん
 ご訪問有難うございます。
此方は気温が30度近くまで揚がって、昨日は畑の草刈をしてぶっ倒れそうでした。
 プランタンでトマト、キュウリを作ってますか、何れも結構プランタンでも良い実が付きますから、新鮮な実が採れ楽しいですネ。
 今は別名、「プランタン式菜園」とかが流行っているそうですヨ。    
 又の訪問宜しく・・・・   久米仙人

投稿: 山ゆり | 2013年5月14日 (火) 10時05分

山ゆりさん
初のご訪問、コメント有難うございます。
今後ともご訪問よろしく宜しく願います。

 我がブログは「家庭菜園のテーマ」をメインしてますので、何時も同じ様な菜園の
話題のみに成ってしまい勝ちいますが
宜しく願います。
 又 最近は菜園と体力?と睡眠保持?の為に
更新がペースダウン気味ですが宜しく。

そうなんです、当方も野菜の花々は数多く有りますが、豆類の「エンドウ豆の白花、キヌサヤの赤花」
は優雅さでは一番だと思ってます。  

追伸 若しかしたら、きよ友さんかな?
                 久米仙人

投稿: 久米仙人 | 2013年5月13日 (月) 21時09分

久米仙人さんこんにちは~
初めての訪問です。いつも菜園報告、楽しみに
読ませて戴いてました・・広い畑に育つ、野菜を見ながら
ただ、感心するばかりですよ~ 今年もまめの花がUP
されていて・・収穫が楽しみですね。
また、寄らせて貰いますね~ ガンバって・・ネ

投稿: 山ゆり | 2013年5月13日 (月) 17時36分

久米仙人さん★こんにちは★
里芋、生姜の芽出しは大変に期間がかかりますね。
当方は、良い生姜種芋が入りませんので今年は諦めました。
久米さんの種芋はいづれも良い種芋ですね、羨ましいです。

芽出しの方法も色々有りますが参考させて戴きます。

*安さん
 サトイモ、ショウガの目出しは時間が掛かります、昨年も発芽に約1月、植え付けまでに更に10日も掛かり、発芽率も低く特にショウガは難しいですネ。
ヤハリ良い種芋を選ぶのが重要で、我が家では昔からの少し高い(2,3割りUP)ですが専門の種屋で購入してます。  久米仙人

投稿: 安さん | 2013年5月13日 (月) 10時36分

お邪魔します。

里芋及びショウガの芽出し準備ご苦労様です。

奈良では、春豆のエンドウ類は収穫に入っております。

小松菜やホウレン草も収穫が始まっております。

春野菜の種まきはこれからなのですね。

大きな菜園ですから無理をしないで頑張ってください。

*龍山さん
 今年は好天でサトイモ、ショウガの芽出し作業を少し早目に遣ってみましたが此れからが水遣りや保温で管理が難しいですネ。
其方では春豆がもう取れるですか?早いですね。
我が家の春豆は冬の間は寒冷紗を架けてますので、周囲と比べても此方では実の入りでは早い方ですが・・ヤハリ気温の差が有りますネ。                久米仙人

投稿: 龍山 | 2013年5月11日 (土) 15時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春真盛り、玉ネギが盛況です!   家庭菜園報告 NOー312 | トップページ | 夏野菜の植え付けが終りました。           家庭菜園報告 NOー314 »