« 冬春野菜のポット苗作り。 家庭菜園報告     NOー319 | トップページ | ようやく、玉ネギの植え付けが終りました、    家庭菜園報告 NOー321 »

2013年10月19日 (土)

葉物の苗の植え付けやサトイモの初収穫です。     家庭菜園報告 NOー320

鳥取地方も朝晩メッキリと涼しく、キノコ,栗、柿等が取れ出して真に秋本番です。
しかし、今年は梅雨時の雨不足、夏の猛暑等の異常気象でカメムシ等害虫の大発生して、又マメ類の実入りが非常に悪く、此れからの収穫予想が悪く成りそうで心配ですネ。
1)冬、春野菜類の葉物苗の植え付けをしました。
Img_4881ak
*9月上旬に種まきした自家製ポット苗が十分に大きく成りましたので植え付けです。
Img_4814ak*葉物は、冬から春に長い期間収穫出来る様に9月中旬から10月上旬ま(市民農園と大豆畑の野菜畝)に3度に時期を分け植え付けします。Img_4742ak
*第一弾の植え付けー9月中旬(市民農園に.。
*第二弾の植え付けー9月末ー(市民農園)(大豆畑の畝)
*第三弾ー10月上旬ー(市民農園)、(大豆畑の畝)
*今年の植え付け総数=ブロッコリx40本。キャベツx17本。白菜x20本
Img_4985ak*市民農園の畝には無農薬栽培ですので、植え付け後には防虫ネットをかけます。Img_4901ak
*全体には自家製ポット苗を使用してますが9月の第一弾の農園分と 、第二弾の大豆畑の植え付け苗の一部分は収穫時期を早期にする為にJA製の早生苗分を使用しました。
Img_4999ak








2)この秋ニンニクの植付けです。

*9月27日
Img_4839ak*この秋の植え付け作物メインの待望のニンニク(例年妻より切望の作物)を植え付けしました。
Img_4845ak*種芋は昨年我が家で自家採集したニンニクを使用し、不足分の約1/3は新規に購入しました。
*青森6片ニンイクx20(3個入り2袋)*自家採集のニンニク(福地6片)x20個=合計種芋x40個
Img_4841ak*根肥に鶏糞と油粕のミックスを根肥えとして入れます、間隔は少し狭めの約25cmで4本の畝に植付けです。
Img_4849ak*畝には黒マルチを保温の最初から為にかけます、
Img_4854ak*例年ニンニクの発芽は非常に難しく発芽が悪く(昨年は約65%の発芽率でした)未発が多い時には追加の植え付けが予定です。





3)サトイモの初収穫です。

Img_4927ak*4月中旬に発芽促催箱で芽出しをし、6月中、下旬に、サトイモ(石川早生x15株、赤芋x19株)35個の新芽を植え付けしましたが、
Img_4930akこの夏水不足と猛暑での害虫大量発生で本葉がボロボロの被害に遭って一時は葉身の枯れ等が出て酷くやられましたが、先月末の雨降りと気温の低下で復活し生育に勢いが出て良く成り、早速今年最初の初収穫と成りました。
Img_4926akImg_4935ak*今年は昨年比べて約半月程早くの初掘りですが、今年のサトイモは小芋、孫芋共に芋付きは良い出来栄えでしたImg_5029ak
*初栽培の赤芋サトイモで、株の根元や芋も赤いです。
Img_5040ak*早速、絹担ぎやサトイモのうま煮等の料理で、特に赤芋サトイモは石川早生に比べて味が濃厚で秋の味覚を十分に味わいました。
**此れから、小豆、大豆、ソバの収穫で益々忙しくなります。

 

|
|

« 冬春野菜のポット苗作り。 家庭菜園報告     NOー319 | トップページ | ようやく、玉ネギの植え付けが終りました、    家庭菜園報告 NOー321 »

コメント

家庭菜園とは言え沢山の葉物野菜を作付けされるですから、当然自家製でポットで苗作りをしますよね。
それにしても、ブロッコリーが四十株とは非常に多いですね。白菜は私は三十~四十株位です。

サツマイモは、試し掘りしましたが今一でした。十一月の始め頃に、近所の子供に収穫(収獲の目安は百日)を楽しんで貰う為に誘いました。

サトイモは、昨年初めて作付けして非常に出来栄え良かったが、今年は余り良くないと思います(収獲はまだです)
久米さんサトイモは良いですね 羨ましいです。

昨日と今日でトウガラシを全部収獲してそのあとタマネギ
準備の為に耕作して疲れましたのでお休みします。

*安さん
 ブロッコリ、キャベツは採れる時期をズラシして、又御裾分けも喜ばれるので少し多めに成りました、白菜は我が家は漬け無いので少なめです。
サツマイモは当り年で豊作です、親類等にバンバン配給?してます。
 サトイモは一時水不足で心配でしたが、台風の雨で復活し(春の芽出しが上手く行って)良好ですネ。
初の赤サトイモは味が濃厚で美味いですヨ。
 我が家も、最近は体力を考え、外作業も夜のPCも極力休み々で気長に遣ってますヨ。
                 久米仙人

投稿: 安さん | 2013年10月22日 (火) 22時52分

お邪魔します。
いよいよ秋冬苗の植え付けですね。
我がミクロ菜園はほとんど無いに等しい量です。
それでも無農薬栽培は大変です。
仙人様のところは物凄い数の植え付けなので虫との戦いに苦労されている姿が目にうかびます。
里芋、故郷の山形にいるころは芋煮会でよく河原で食べたものでした。里芋は色々な食材と炊き合わせても美味しく食べられ重宝しますね。
これから大豆と蕎麦の収穫を待つばかりですね。

*龍山さん
、自家製ポット苗を時期をずらして2箇所(菜園と大豆畑)に植付けしたら、つい、数が多くなってしまいました、今は葉物の植え付けが終わり一息付いてます。
 無農薬ですので、先植えの菜園分はネットを架け、大豆畑分は其のままで気温の下る時期で対応してます。
 芋煮会は昔に山形県の人と野外でサトイモを食べ美味しかった事を有り思い出しますネ。              久米仙人

投稿: 龍山 | 2013年10月22日 (火) 02時28分

こんにちわー!

素晴らしい里芋ですね。
里芋というと、あちこちの芋煮会を思い浮かべてしまいます。
掘りたてのお芋を大きなお鍋に入れ、ついでにいろいろなお野菜や、所によりですけどお肉、はんぺん、とうふ、こんにゃくなどがいれられ~~
お味噌の味付けのところがあるかと思えば、お醤油あじのところもあったりして~~
どちらのお鍋も、おいしそうで~~
久米仙人さんのところは、どんなお味でしょうか~~!?
まさに収穫の秋ですね。
こちらも少しですが、白菜、キャベツ、大根などを植えました~~

*マルコさん
 今年は夏の猛暑の影響なのかサトイモ、サツマイモ等の芋類の出来はよろしい様です。
その分色々とサトイモ料理が十分味わえます。
 我が家では煮っ転がしやケンチン汁、甘味噌乗せ等が多いです。
 昔、知人に連れられて山形県人会の野外(多摩川の河川で)の芋煮会に参加して初めて本格的な牛肉入りの美味し芋煮を食べたことを思い出しました。
 ヤット冬春の葉物を植えつけが終わり一息ついてます。      久米仙人

投稿: マルコ | 2013年10月20日 (日) 13時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬春野菜のポット苗作り。 家庭菜園報告     NOー319 | トップページ | ようやく、玉ネギの植え付けが終りました、    家庭菜園報告 NOー321 »