« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月12日 (木)

今年も蕎麦を自家栽培しました。        家庭菜園報告 NOー322

鳥取地方も初雪がチラホラと舞い段々と冬の気配が近付いて来ました、今年も大豆、小豆、蕎麦等の収穫も無事に終わり、菜園作業も一段落し、ようやく一息ついて居ります。
1)今年も大豆畑に自家の秋蕎麦の種蒔きをしました。
*蕎麦は昨年友人に蕎麦打ちを奨められ無謀にも栽培を始めた、昨年自家製蕎麦粉の蕎麦打ちの評判(自己満足かな?)と蕎麦の風味が良かったので、今年も蕎麦を栽培しました。
Img_4482ak*8月26日、
第一回目の種まき。

蕎麦の種(約500g)を大豆畑広さ約45m²(4本畝+2本畝)に幅15cm間隔の2条筋蒔きしました。
Img_4481ak*今年は反省し、昨年より約1週間程早く種まきをし、間引きが大変だったので種蒔き密度を昨年より少し粗くにしました。
Img_4488ak*9月6日
第二回目の追加種まき。
蕎麦種(約100g)を広さ約3m²(畝1本)に幅10cmで3条筋蒔で少し厚目にした。Img_1742ak
**今年の蕎麦の種蒔きは、
種の総量約600gで植え付け面積約48 m²(7本畝)での栽培です。
Img_4492ak Img_4517ak










*8月末(
種蒔き後約 1週間程で)Img_4550ak
ー待望の蕎麦の新芽が
発芽しました、蕎麦の発芽は驚くほど早いです。
Img_4553ak*蕎麦の新芽は少し黄色で非常に柔かく、蕎麦モヤシで食べる方法も有るそうです。
Img_4548akImg_4761ak*9月中旬頃(種まき後約3週間程)
ー畝の土寄せ作業をしました、蕎麦の茎身は非常に細く柔かくて弱いので、倒れ折れ易いので土寄せ作業をして倒伏せ防止をします。
Img_4872ak*9月下旬(種蒔き後約30日で
ー待望の開花です。蕎麦に真白な花芽が咲き始めました。Img_2044ak
Img_4868ak *初秋の畑が真白な蕎麦の可憐な花々で覆われて壮観で綺麗な眺めです。

Img_5016ak*10月上旬(種まき後約1月半経過し)
-、好天に続きで順調に育ち待望の蕎麦の実付きが始まりました。
*実が付き始めるこの時が栽培していて一番嬉しい時期ですネ。Img_5022ak
Img_5024ak*10月中旬頃
蕎麦の草丈が約1m位に伸びて来ので、台風等で倒れるを防ぐ為に周囲を支柱を立て、更にテープを張って対策をしました。
Img_5144ak*10月下旬(種まき後約2ヶ月弱で)
-、蕎麦の受粉が進み、結実が確りと入り、全体に段々と褐色に濃く色付て来ました。Img_5118akImg_5143ak  









*今年の蕎麦の収穫作業です。

Img_5166ak *11月上旬、(種蒔き後約2ヶ月程経過し)

-蕎麦の実の成熟が終わり、全体の約80%程が黒褐色と変色し実の乾燥が充分に終わり、実の落ちが無い内に晴天に手作業で刈り取りして今年の蕎麦を無事に収穫をしました。Img_5172akImg_5142ak
Img_2370ak*蕎麦の収穫は少量なので、全株を手刈りした後は実家の納屋に保管し約1月程十分乾燥させます。
Img_5117ak_2*蕎麦は屋内で約1月以上充分に乾燥させた後に手作業(棒や木槌等で叩き)で脱穀作業します。
Img_2482ak*後の葉枝の混ざった蕎麦の実は5分目金網で荒選別して、更に3ツの金網で少しづつ細かい目して段々と蕎麦の実を何回も選別し蕎麦の実の収穫が終わります。
Img_5118ak_2
*今年の蕎麦の収穫量は約5,0kg(荒選別で)(昨年の約2割減)に成りそうです。






**今年の蕎麦栽培の総括。

ー今年蕎麦の種まきを増量したにも拘らず、全体に蕎麦の草丈が低く、更に花芽の付き数も少なく受粉が悪く、生育が悪く成り、結果結実の収穫量が昨年より減ってしまい、今年は蕎麦の出来は余り良く有りませんでした。
*原因として
1)8月末の残暑の高温(30度以上)で気温が下がらず、又永い日照時間と成った等の悪影響を受けた。2)花芽の付く9月下旬頃の時期の降雨が非常に少なく。3)種蒔き時期と実付き時期がズレて(ミツバチや風の交配の助け不足等)結実不調を起した4)種蒔きの量と面積のバランス悪く栽培密度が薄くて倒立や相互受粉不足(未受精)を起した様です。

**来年の蕎麦は今年の内容を十分に検証して栽培しようと思います。

| | コメント (3)
|

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »