« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月29日 (日)

今年も玉ネギ苗の植え付けが終わりました。  家庭菜園報告   NO355

鳥取地方も,先週雨続きで全く外作業が出来ませんでしたが、ようやく晴れ間に成って冬前の大切な作業の玉ネギ苗の植え付けが終了しました。
1)玉ネギ苗の植え付けです。
*11月7日、第一弾、先取り用の植え付けをしました

Img_1416_800x600_2*玉ネギ苗の数量。
*早生玉ネギ苗x100本
*赤玉ネギ苗x50本
Img_1420_800x600*NO3、畝ーに赤玉ネギ苗を幅約12cm間隔で4列で52本と+早生玉ネギ4列で80本植え付けしました。
Img_1423_800x600



*畝NO4にー、早生玉ネギ苗4列で24本を植え付けしました。




*11月16日、第二弾の植え付けです

Img_1483_600x800*中生玉ネギ苗x100本
Img_1481_800x600*晩生玉ネギ苗x200本







Img_1485_600x800
*畝NO4、に中生ネギ苗を幅約12cm間隔で4列で100本植え付けしました。
*畝NO5、に晩生ネギ苗を幅約12cm間隔で4列で104本植え付けた。*畝NO6、に晩生ネギ苗を4列で96本植え付けした。Img_1491_800x600
*今年の植え付け総数は、
*赤玉ネギ苗x50本
*早生玉ネギ苗x100本
*中生玉ネギ苗x100本。
晩生玉ネギ苗x200本。合計で昨年と同じく450本を植え付けしました。
Img_1521_800x600*玉ネギ苗の植え付けした後には此れから直ぐに雪が降りますので越冬の防寒と雑草抑えとして籾殻を確りと撒きました。






2)秋冬野菜、今秋は11月上旬頃は20度も成る日も有って気温高くて葉物野菜類の出来栄えが大変良く収穫が盛況です。

Img_1444_800x600*9月頭に種まきした大根「耐病総太り」が取れ出しました。
Img_1493_800x600*聖護院蕪も充分に育って収穫です。


Img_1459_800x600_800x600






*9月中旬に定植した、白菜苗、ブロッコリ、キャベツが好天で順調に育ち収穫の最盛期を迎えてます。Img_1455_800x600_800x600






Img_1430_800x600





*農薬栽培では手作業で除いてますが、多少の虫食いは寧ろ勲章ですネ。Img_1462_800x600_800x600
Img_1428_600x800








*葉物のリーフレタス、、ホウレンソウ、レタス、ラデイシュ、高菜等も取れ出しました。
Img_1385_800x600



Img_1391_800x600









!!珍しい今年の秋の出来事です!!。

Img_1527_800x600最近、今年の異常気候のニュース等で農作物等への影響の記事を良く見かけますが、我が菜園でも発見しました・・ナントこの冬秋の季節に菜園脇の雑草の中で、ミニトマトの株に花が咲き、更に小振りながら立派な実が付いてるのを発見した
Img_1526_800x600*永い家庭菜園の経験でも、11月下旬雪降りが真近いこの季節に露地で「ミニトマトの実」が付いた事は初めての出来事です・・・ まさに「ビックリ!ぽんです!!」ヨ
*果たして無事に赤く色付く事が出来ますでしょうか? 多分この季節日照不足で無理でしょうが・・

| | コメント (3)
|

2015年11月17日 (火)

今年も小豆の収穫が終わりました。  家庭菜園報告NOー354

鳥取地方は今年の秋は先日は20度にも成って気温が高く、秋冬野菜等は比較的出来が良い様ですが、その分無農薬の葉物には青虫等の被害が酷く成ってます。
◎今年一年の小豆の栽培と収穫の様子です
1)小豆用の畝作り作業です。
*7月上旬
Img_0727_800x600*5月に大型耕運機で耕して置いた大豆畑の一部を小型小型耕運機で小豆用畝(幅50cmx長さ20m)を作り、今年の小豆用の畝は昨年より2本減らして8本畝としました。
Img_0743_800x600









2)小豆の種まき作業です。

*7月14日(快晴)
Img_0747_600x800*今年は昨年の自家採収の小豆種を約400gを使用した。
Img_0754_800x600*1畝に間隔約40cmで1か所に3粒を50ヶ所で8本畝に種まきしました。



Img_0752_800x600



Img_0759_800x600 *早速、小豆の種まき後は支柱を立て、鳥害防止の、黄色の防鳥糸と赤銀の反射テープを畝の周囲に廻らして防鳥対策です 。







3)小豆の発芽の様子です。

*8月頭頃
Img_0839_800x600*7月中旬に種蒔き後、約10日程で待望の発芽が始まりました。
Img_0838_800x600







Img_0840_800x600



*今年の小豆の発芽は種蒔き後に雨降りが少なく心配しましたがその後雨で発芽状態は略100%近く常に良好です。
4 )小豆畝の土寄せと草取り作業を行いました。
*8月中旬
Img_0913_800x600*夏の暑さで雑草大きく成って来て来たので、小豆畝の草取りと小型耕運気での土寄せ作業を行いました。Img_0917_800x600




*この土寄せと雑草取り作業は花芽の時期の保湿と後n小豆の生育(陽当りを良くする)にとって大切な作業です。
*土寄せ作業は後2回ほど台風が来る前に遣ります。
5)小豆の花芽の付き始めました。
*9月上旬
Img_1001_800x600*待望の小豆の新枝に薄黄色の可愛らしい花芽が付き始めました。
Img_1002_800x600





Img_1003_800x600
*この時期の花芽の付き具合と後の実付きの可否には十分な雨(保湿)が必要で大切なポイントです。






6)小豆の鞘に待望の実が付き始めました。

*10月上旬
Img_1088_800x600*花芽の鞘に段々と実が入り始めました。
Img_1200_800x600*毎年、この時期の小豆の実入りは始まると小豆栽培の喜びが強く増して来ます。







7)いよいよ、待ちに待った収穫が始まりました。

10月下旬頃。
Img_1251_800x600*小豆の鞘も早いものでは乾燥が進み漸く収穫が始まりました。
Img_1278_800x600*小豆は株や鞘毎に乾燥の進み具合に差が大きいので約2週間程掛けて、少しづつ手摘みで鞘を摘んで採っていきます。Img_1247_800x600



Img_1281_800x600









8)小豆の鞘の乾燥作業と選別作業です。
*11月上旬
Img_1376_800x600*天日干しで乾燥させてから少しづつ鞘を解して実を収穫します。
Img_1379_800x600*少しづつ金網を変えて荒選別をしから手作業で良品へと選別します。
*選別後は虫防止の為に天日干しを確りとします。


Img_1384_600x800Img_1383_600x800
**今年の小豆の収穫量は「良品で約5kg」で昨年に比べて種まきを減らしたので少し減りましたが、全体の粒大きさも揃ってマアマアの出来栄えと成りました。
Img_1382_600x800

| | コメント (2)
|

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »