« 今年も大豆の収穫が無事終わりました。 家庭菜園報告NO357 | トップページ | 今年の菜園と大豆畑の作付予定表 家庭菜園報告 NO 359 »

2016年1月17日 (日)

新年明けましてオメデトウございます。 家庭菜園報告 NO358

鳥取地方は、今年の正月は珍しく全く雪の無い穏やかな正月と成りました
*新年成人の日10日に
地元の日吉神社で「とんどさん焼き祭り」が行われました。

Img_2580ak*この日吉神社は、江戸時代から山陰因幡地方から岡山地方へ通ずる旧美作街道沿いの静かな昔の宿場町だった関金温泉に有ります。
*又この日吉神社は、有名な「内田康夫の浅見光彦シリーズ」の小説「怪談の道」の中に登場して、重要な場所として書かれていますので機会が有りましたらご覧下さい。
Img_1680_1024x768*此方の「とんどさん焼き」三角支柱に青竹を組み立て、月のお飾りの門松、注連縄、古いお札、や御供え物等を焚き上げる火祭りです。
Img_1683_1024x768

*子供達と今年申年の年男女達による火付けで祭りが始まりです。
Img_1684_1024x768「とんどさん焼き」火の勢いが強く煙が高く上が年は豊作に成ると言われてます。
Img_2600ak*焚き上げの煙を体に浴びると無病息災で1年暮らせるとの事で皆さん全身に浴びています、又ある地域ではその残り炭を顔に塗りつけて無病息災を祈念するそうで、又鏡餅を火にかざして焼いて食べー年の無病息災を願う人が沢山居ます。
Img_1695_1024x768*年寄の人は残り火や炭火を自宅の竈(今は余り有りませんが)で焚き「火災難避け」を願う風習も一部有ります。
Img_2589ak*恒例のお神酒やゼンザイ、子供達にはお菓子等が振舞わます。
*この地域でも、段々と「とんどさん焼き」は正月飾りの注連縄等が段々と簡素化し、御多分に漏れず少子高齢化で子供や大人達の参加者が少なく成って来て正月行事の伝統が薄れて寂しい限りですネ。



**本年はブログを少しづつ色んな趣を加えて更新しみようかと思って居りますので宜しくお願います。

|
|

« 今年も大豆の収穫が無事終わりました。 家庭菜園報告NO357 | トップページ | 今年の菜園と大豆畑の作付予定表 家庭菜園報告 NO 359 »

コメント

細川さん

初ご訪問とコメント有難う御座います。

 そうですか、東京から岡山へ転居されましたか、田舎暮らしは如何でしょうか?
我が家も約10年前に神奈川からのUターン組です。

 お問い合わせの「蕎麦の栽培」の件ですが、当方も蕎麦の栽培は初めて未だ3年程で殆んど素人で、本等を見ながらの試行錯誤で遣って居りますので、憚りながら直接にお教えする程の知識は未だ習得はして居りません。
 拠って、ご訪問等の件は辞退させて頂きたく宜しく御了承を願い居ます。

 微力ながら、もしご質問等が有りましたならば、当ブログにコメント下されば出来る限り解る範囲で回答させて頂きますので、今後とも当ブログにて宜しく願います。
                      久米仙人

投稿: 久米仙人  | 2016年2月 7日 (日) 16時06分

久米の仙人も 徒然草 によると 女性の白い 袋萩を見て神通力を失い 地に落ちたとか 初めてメ-ルするのに失礼なことをいいました 私は5年前東京から美作に田舎暮らしのため引っ越してきました 今年は そばの種を植え 自分でそばを作りたいです 全くなんの経験もないのでどうやっていいのかわかりません 一度見学させていただきたいのです どうでしょうか

投稿: 細川 | 2016年2月 7日 (日) 07時51分

龍山さん
 今年も宜しくお願いします。

山陰は例年ならば、2~30cmも雪が積っている時期ですが、今年は殆んど雪が無くて過ごし易いです。
その分「とんどさん焼き」左義長祭りは正月の雰囲気がせず気の抜けたビールの様に味気ない物に成りました。
田舎でも年々行事等に勢いが無く成り寂しい物です。
むしろ都会に居た時の方が餅つき大会等で盛況でした。
            
              久米仙人

投稿: 久米仙人 | 2016年1月31日 (日) 16時30分

お邪魔します。
そちらの地方では「どんどさん焼き」というのですね。
鏡餅もこの日で焼いて食べれば無病息災のご利益があるのですね。
本年もよろしくお願いいたします。

投稿: 龍山 | 2016年1月29日 (金) 21時41分

安さん

今年も宜しくお願い致します。

 そうなんです、地元の日吉神社が小説浅見光彦シリーズの舞台とは当方も此方に帰りましてから、
友人から本を借りて初めて知った次第です。

今年から奉賛会の宮役長とは神社の世話役でしょうか?ご苦労様です。
 そう言えば昨年の安さんのブログで派遣した、左義長の仕掛けは非常に大掛かり物で作るのに
大変な作業だったと載って居た事を思い出しました。
此方も年々省力化に成って風情は無くて小振りの仕様ですネ。       久米仙人

投稿: 久米仙人  | 2016年1月21日 (木) 20時32分

★久米仙人さんへ★
新年明けましておめでとう御座います。

日吉神社とは浅見光彦シリーズに結われの有る神社でしたか?

私は此の四月から奉賛会の宮役長を務めます。
其方の方はどんどさん祭りと言うですね、此方は左義長祭と言います、一月十日の十六時に点火をしました。
今年の左義長作りの方法変えて、孟宗竹で確りした支柱を三角に立てて、青竹を添わして行きましたので今年はワザワザ重いのを建てる手間が省けました。

来年は、此の方法で遣る積もりです。

投稿: 安さんこと申年 | 2016年1月21日 (木) 15時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年も大豆の収穫が無事終わりました。 家庭菜園報告NO357 | トップページ | 今年の菜園と大豆畑の作付予定表 家庭菜園報告 NO 359 »