« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月30日 (水)

待望の小豆の収穫が終わりました。   家庭菜園報告 NOー369

鳥取県中部は、今秋は雨が降ったり止んだりが多く快晴の日が少なく不安定な天気が続いてます、ヤット晴れ間を見付けて大豆の収穫作業が終わりました。
「今年の小豆栽培と収穫」作業の様子です。
1)小豆の種まき作業。

Img_2529_800x600*6月中旬畝作り作業、
今年は、小豆用の畝は8本を小型耕運機で作り、7月中旬ごろの種蒔きの予定です。




Img_2696_800x600*7月14日、今年は、小豆自家種は約500g使用少し減らして種撒きです。
Img_2699_800x600








Img_2705_800x600


*種蒔きは1ヶ所の穴に3粒毎を約35~40cm間隔で1畝に約55ケ所程で8本畝に撒きます。
Img_2711_800x600

Img_2717_800x600*種蒔き後の畑の周囲には防鳥用の色付き糸と反射テープを張り巡らしカラス等の害鳥対策です。







2)小豆の新芽の発芽の様子

*7月下旬、種まき後約10日で可愛らしい双葉の新芽が発芽しました。
Img_2751_800x600Img_2752_800x600









3)草刈り作業と土寄せ作業です。

Img_2840_800x600*8月中旬、小豆の株が大分大きく成伸びて葉枝が倒れ始めましたので、畝の土寄せと雑草の草刈り作業をします。
Img_2841_800x600*小豆の畝の土寄せ作業は、葉身の倒立防止と雨等の排水を良くして、小豆の生育を良くする為には重要な作業です。






4)花芽の付き始めと鞘の実が付き出した頃です。

Img_3012_800x600*9月下旬、種まき後約2,5ヶ月経って待望の小豆の可愛いらしい花芽と一部の早い枝には、実が付き始めました。
Img_3068_800x600



Img_3013_800x600









5)小豆の実付きと鞘の乾燥の進んでいる様子です。

*10月上旬、日増しに小豆の鞘に確りと実が入って早い鞘は乾燥が進み収穫時期が近く成って来ました
Img_3218_800x600*今年の小豆出来栄えは真夏の好天に恵まれて良好です。
Img_3222_800x600


Img_3223_800x600









6)小豆の実の摘み取りで収穫作業です。

Img_3249_600x800*10月中旬、連日の快晴続きで待望の収穫開始です、我が家では収量と後の乾燥等の手間を考えて、毎年実の乾燥具合に合わせて手摘作業にて少しづつ収穫します。Img_3248_600x800
Img_3280_800x600*取り入れ後は約1週間程天日干しにて充分に干して、乾燥した後で小豆の実を手作業で脱穀します。
Img_3281_800x600










7)良品に選別した小豆です。

Img_3275_600x800Img_3276_800x600*鞘から実を出した後は荒選別して天日干しをして十分な乾燥と害虫等を駆除して取り除き手作業で良品選別をします。






Img_3277_800x600
*今年の小豆の出来栄えは比較的良好で約3、5kg程取れましたImg_3278_800x600





| | コメント (2)

2016年11月18日 (金)

第一弾、玉ネギ苗の植え付けが終わりました。 家庭菜園報告 NOー368

  鳥取県中部は,先月の21日に震度6弱の地震に襲われました。
此方、中部地方では最近これ程の大きい地震は今迄全く無かったので、本当に驚きの出来事でした、幸いに我が地域は中心地より少し離れて居たせいで被害も無く、近頃は余震も殆んど無く成って平常に成って来ました。
 ようやく、秋の収穫と冬春用準備の作業が落ち着いて出来る頃と成りました。
1)玉ネギ苗の最初の植え付けが終わりました。
Img_3357_800x600*11月最初、小型耕運機で十分に耕して根肥えに牛糞、鶏糞等を入れ、苦土灰を撒き中和させて置き(昨年は葉枯れ病が出たので充分に散布)玉ネギ苗用の畝4本を作りました。
*11月頭、最初の植え付けは、玉ネギ早生種、中生種、赤玉種の3種250本を2本畝に植え付けです。
Img_3362_800x600早生玉ネギ苗x100本




Img_3365_800x600




*苗の植え付けは深さ7,8cmの溝を切り間隔は約15cmで条に並べて植え付けです。
Img_3370_800x600赤玉ネギ苗x50本
例年どうりサラダ等に赤玉ネギを植えました。



Img_3371_800x600
中生玉ネギ苗x10本、
この時期には育ちが良いので此の品種を晩生玉ネギの前に植え付けします。
Img_3374_800x600Img_3390_800x600*次の晩生玉ネギ苗ー昨年は植え付け時が少し早過ぎて暖冬で春先にトウ立(ネギ坊主)が沢山出来たので、今年は今月中旬頃の少し遅めに植え付けの予定です。





2)サツマイモとサトイモ石川、赤芋の収穫しました。

Img_3342_800x600*今年のサツマイモの出来栄えは、夏の水不足のせいか葉身の伸びは不足気味で芋付きの数が少ない様に見られました。
Img_3344_800x600*比較的の芋付きが大振りの物が取れました。
Img_3347_600x800








*サトイモの収穫
Img_3352_800x600Img_3355_800x600
*石川早生サトイモは出来が余り良く無いです。





Img_3409_800x600*今年は赤芋の出来栄えが比較的良い様です、ハヤリ春先の苗の発芽の良し悪しが収穫の量に影響します







3)冬野菜の沢山の葉物類が順調に出来てます。

Img_3337_800x600*耐病太大根、8月下旬に種まきした大根がソロソロ収穫出来そうです。Img_3338_800x600





Img_3411_600x800

*聖護院蕪


Img_3403_800x600








*春菊
Img_3399_800x600*レタス





Img_3402_800x600





*チンゲン菜Img_3398_800x600
*九条ネギ

Img_3401_800x600







*小松菜

| | コメント (4)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »