« 今年最後の作業、大豆の収穫が終わりました。 家庭菜園報告NOー370 | トップページ | 今年も自家製味噌を作りました。 家庭菜園報告NOー372 »

2017年1月14日 (土)

とんどさん焼き祭り   NO-371

鳥取中部地区は今年の正月は珍しく良い天気に恵まれました。
 
先日地元の「とんどんさん祭り」が行われました。
  地元日吉神社での「とんどんさん祭り」の様子です。
 地元では古くは「どんどんさん」「どんど焼き」等と言いてましたが、今は「とんどさん祭り」が一般的です、古くは宮中での小正月の無病息災の火祭りの「左義長祭」に由来してるそうです。
Img0119_2*「とんどんさん祭り」の行われた鎮守の杜です。

Img_1131ak1*昔の美作街道の街道筋の旧宿場町に有る昔は可成り賑わったが今は寂れた温泉の静かな神社です。
Img0117*此方の「どんどんさん祭り」は青竹で組み上げた支柱に「正月のお飾りの門松、注連縄、古いお札、書初め、鏡餅等」を焚き上げる火祭りで、比較的小振りな仕様です。
Img0122_2*焚き上げの煙を体に浴びると無病息災で1年暮らせるとの事で、皆さんが煙を全身に浴びます。
Img0126*昔より「とんどんさん焼」火の勢いが強く煙が高く上がる年は豊作に成ると信じられております。
Cimg8631ak
*梅の木に付けた花餅を焼き其れを家族で食べて無病息災を願う人も見かけます。Cimg8652ak



*古くから焼いた鏡餅のオコゲを食べ、又昔は残り火や炭火で自宅の竈で焚き「無病息災と火難避け」を願います。
Img0129*毎年参列者にはお神酒、やお雑煮(此方ではお正月はゼンザイの雑煮です)や菓子等が振舞わます。Img_1169ak




*此方の地方でも近頃は、お祭りや行事、正月飾りが段々と簡素化と少子化や高齢者化等で参加者も段々と少なく成って来ていて、昔の正月の盛り上が無く成って昔からの伝統や季節感が薄れて寂し限りです。

|

« 今年最後の作業、大豆の収穫が終わりました。 家庭菜園報告NOー370 | トップページ | 今年も自家製味噌を作りました。 家庭菜園報告NOー372 »

コメント

龍山さん
私の子供の頃も「どんどさん」と言いってました。
 燃える火や焦げた餅等懐かしいですネ。

 先に書きましたが田舎でも年々少子化のせいなのか昔からの行事風習が寂れつつありますので。
 今では、昔私も神奈川県に住んでましたが、餅つきや盆踊り等はむしろ都会?の方が人数が多くて郷愁が強いせいか盛んだと感じてました。

投稿: 久米仙人  | 2017年1月17日 (火) 21時40分

お邪魔します。
私の田舎でも「どんど焼き」といいます。
一年の家を守ってくれた破魔矢や子供たちの試験の用紙などを焼きます。
今ではあまり大きな祭りではなくなったようです。
でも、このような行事が残っているのはうれしいですね。
木の枝に餅をはさんでこの日で焼いて食べると無病息災に過ごせると言われ、よく食べた思い出があります。

投稿: 龍山 | 2017年1月16日 (月) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最後の作業、大豆の収穫が終わりました。 家庭菜園報告NOー370 | トップページ | 今年も自家製味噌を作りました。 家庭菜園報告NOー372 »