« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月21日 (火)

今年も自家製味噌を作りました。 家庭菜園報告NOー372

 鳥取地方は、先週ー晩で60cm以上も積る程の記録的な大雪に見舞われて大変でした。
先月にも大雪に成って最近の気候は異常気象なのではと少し心配ですネ。
 今週 「有機栽培の米と無農薬栽培の大豆との原料」だけで作る「自家製減塩の米味噌」を中校時代の友人O君、家内の友人Iさん、Oさん、Mさんの6人で3日間皆で楽しく味噌作りを遣りました。
 自家製味噌作りの3日間の作業の様子Img_0297_800x600
 JAの食品加工所にて
〇材料=米‐15.kg、大豆‐4.kg、塩‐3.kg、
Img_0301_800x600麹菌‐1袋(20g)
○資材=味噌樽(20kgx2個)、ビニール袋(40L入り)ー2枚,エプロン、三角巾、ゴム手袋、ビニール紐、サランラップ。
 



「 1日目の作業」
 
 
◎米蒸しと麹の仕込み作業。
  〇持参する物―洗い米15kg(
24時間前に水浸して置く)、
 **麹米の蒸し作業Img_0291_800x600
1)前日に浸して置いた米15kg(1工程分)を良く水を切り、4個のセイロに分けて大型蒸し器で蒸す。
Img_0323_800x6002)米蒸し器の温度が均一に成る様調節して約20分間蒸す。 






**麹米の仕込み作業。
Img_0314_800x6001)一回分の米(15kg)が蒸し上がったら揉み台に広げ良く揉み解して放置して人肌の程度の温度《約38度位》まで冷ます。
Img_0317_800x6002)麹菌1袋(20g)を蒸米全体に均一に振りかけて蒸し米全体に混ざる様良く揉み込む、この作業が麹の出来栄えを左右する大切な工程です。

Img_0319_800x600

3)麹菌の揉み込みが終わったら麹米消毒済み麹袋に入れ発酵器にセットする。*事前に
発酵器のトレーにお湯を入れて(約40度程度)発酵器の保温用とする。Img_0338_800x600
 4)発酵器の温度設定するー「ヒーター温度34度、ファーン温度38度」 





**大豆の水浸し作業(1工程分ー
大豆3kg)、Img_0307_600x800
 *一日目に1工程分(大豆3㎏x1)を充分な水に浸して一晩置く。Img_0321_800x600



 
 
  



「2日目の作業」

 
 ◎大豆の煮作業と 麹米の手入れ(切り返し)作業                      
Img_0354_800x6001)大豆(約20~24時間浸した)の水分を十分に切る、水切りが悪いと圧力釜で温度、気圧充分に出ず蒸らし不足の原因と成る。
2)1工程分(3㎏入り)別にネット袋に入れ全4工程分を圧力釜で一度に蒸す。
3)圧力釜の温度と圧力の設定を
*設定温度90~120度、圧力0.5MPA以下 
*大豆の蒸し時間―40分間、後蒸らし時間―10~15分間

Img_0361_800x6004)蒸し上り後は、大豆を専用の桶に入れ水分を充分に抜き次の日の準備をする。





◎麹米の手入れ(切り返し作業)

Img_0357_600x800
前日から約20時間後に作業する通常1回の手入れ作業
Img_0345_800x6001)専用桶にて麹米の塊を充分に解し、全体に麹菌が付く様に均一に良く混ぜ醗酵のムラが無い様する、又変色物が有った時は取り除く。

Img_0337_800x6002)切り替えし作業後は再度発酵器に入れる
*ヒータ温度ー34度以下*ファン温度―40度以下に設定し再度発酵させる。発酵温度は40度前後が適温で、麹の温度が揚がり過ぎは良く無い
 
  「3日目の作業」
 
 味噌仕込み作業 
  塩3kg、 味噌桶、仕込みビニール袋、サランラップ、紐

Img_0377_800x600Img_0371_800x6001)先に一工程分煮大豆4、kg分と塩3.kgを良く混合わせる(塩切り) 
2)出来上がった麹米約18kg分と塩切した味噌の元(煮大豆+塩を合わせた)の全量を均一に良く混ぜ合わせる。Img_0368_800x600_2






Img_0382_800x600

3)その混ぜ合わせた味噌玉をミンチ機にて均一にミンチする。Img_0383_800x600
4)ミンチした味噌に空気が入らない様に全体を良く潰して仕込み桶(ビニール袋に)に仕込む、天面にサランラップ等で蓋をしてその上に約塩500g(2,3cm厚を被せて空気抜きて密封する
Img_0390_800x600
5)仕込み後の味噌桶は風通しの良い涼しい場所にて1年間保管し熟成させる
*出来上がった自家製味噌です。



 **今年の味噌作りも大雪の中皆さんと楽しく作業が出来ましたので、一年後どんな味噌に成っているか
楽しみですネ。

 

 

 

| | コメント (4)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »