« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年6月

2018年6月29日 (金)

サトイモ種芋を促芽箱入れ作業をしました。 家庭菜園報告NOー387

鳥取県地方も梅雨のど真ん中ですが、今年は空梅雨の気配で、殆んど雨が降りません。
その分、菜園の外作業には暑さが厳し季節です。
1)5月中旬、サトイモとジョウガの種芋を促芽箱で発芽させます
Img_2403_600x800*サトイモ唐芋(赤芋)種芋x1.0kg(約18個)
Img_2405_600x800*サトイモ石川早生種芋x1,0kg(約30個)

Img_2407_600x800*促芽箱(段ボール箱)の底部に発芽用に腐葉土を約15cm程入れ、天面には透明ビニールシートを掛けて保温と保湿して約一月半程の間で発芽を促進させます。
*サトイモ用に段ボル4個
*ショウガ用に段ボル2個
Img_2410_800x600*種芋の植え付け間隔は約10cmで1箱に12-15個程を植え付けします。





Img_2413_800x600*大ショウガ種芋x1kg(約18個分)
ー種芋は1個が約60g程に芽を傷つけない様に割ります。Img_2417_800x600
*ショウガの種芋は約15cm間隔で1箱に9-12個程植え付けします





Img_2421_800x600*天面に透明ビニールシートをかけ雨が入る様に穴を開け、更に風対策に針金の支柱と紐を掛ける。
*サトイモの苗は6月末頃から植え付けの予定です。


2)6月上旬、今年も恒例の「金ゴマ」の種蒔きです

Img_2574_800x600*昨年我が家で自家採取した「金ゴマ」を撒きます
Img_2571_600x800*今年の金ゴマの蒔き量は3畝で約200gです。




Img_2492_1024x768



Img_2495_1024x768*撒きの仕様は1畝に約4本の筋撒きで蒔きます。



Img_2498_1024x768*昨年は収穫量が比較的少なかったので今年は少し厚めに多く蒔きます。




3)脇枝が伸び出し夏野菜の支柱立て作業です。

Img_2586_800x600*丸ナスの支柱をクロスに立てます。Img_2576_800x600



*ピーマンと水ナスは直立式の支柱です。
Img_2578_800x600*大玉トマトとミニトマト類は合掌式の支柱をします。


Img_2582_800x600*カボチャは支柱を立てネットを張り空中栽培をします。
Img_2580_800x600*カボチャの空中栽培は受粉の効率が良く、伸びるツルを整え易いので便利です。

| | コメント (2)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年8月 »