« 晩秋の季節の、小豆の収穫が終わりました。  NOー432 | トップページ | 春一番 ジャガイモの植え付けが終わりました。 家庭菜園報告 NOー434 »

2023年2月27日 (月)

今年も自家製味噌作りをしました。  家庭菜園報告 NO-433

鳥取県地方は今年は積雪が比較的少なかったがこの時期は未だ周りに雪が残っています。
 今年も恒例の「自家製味噌作り」を自然農法の仲間のHさん、Yさん、Mさんと我が家の4人組で作りました。
我が家の「自家製味噌」は自然農法で栽培した原材料「無農薬無肥料栽培の米、大豆」と赤穂天然塩のみを使用してます。
味噌作り作業の詳細はー昨年のブログ 家庭菜園報告 NO-412」(リンクしています)を御覧下さい。Img_7898ak*いつものJAの加工所を借りて2月20日から3日ケ間の作業しました。
**使用材料と包材。*自然米ー15kg、大豆3、0kg、天然赤穂の塩3,0kg。
Img_7905ak*資材ー味噌樽30kg入り+20kg入り、ビニール袋40L入り、ビニール紐、サランラップ、ゴム手袋。
「第一日目の作業」
1)前日に準備して置いた1工程分「水浸した精米15、kgと大豆3、kg」を大型の蒸し機で蒸し作業をやります。
Img_3201-800x600_20230226142301 Img_7858ak



















Img_7862ak Img_7864ak

*洗い米一工程分15kg一を4つに分け蒸し器にセットします。








2)蒸し終わった蒸し米を常温にまで冷やし「麹菌 15g」を良く摺こみます、この麹の出来に重要です。Img_3221-800x600

 































Img_7878ak

*この麹菌のお蒸し米への均一塗布が味噌の出来栄えを決める重要な作業です。
3)発酵器にー工程分毎に設置し二日間程発酵させる。Img_7869ak

Img_7877ak

4)蒸し米の作業と同時に「大豆の煮豆作業」をして後良く水切りをして置く。

「第二日目の作業」
1)発酵器の中の「麹米」を取り出し、よく良く解して「麹米の手入れ作業」を行う。
Img_7879-800x600







「第三日目の作業」
1)発酵が終わった「麹米」を取り出し良く解し冷まして置く。Img_7888ak2)「塩切り作業」 をする「蒸し大豆」「天然塩」を合わせをする。
Img_7890-800x600
3)「麹米」と「塩切りした大豆」を合わせ充分に攪拌しする。Img_7891ak

4)その合わせた物「味噌玉」をミンチ機に掛けて十分にミンチして「味噌桶」に空気が残らない様に突きながら仕込む。
Img_7893ak

Img_7899ak

 















*味噌樽にビニール袋をし点天面にサランラップを被せて防を送信しますを散布します。
 *味噌樽2個分で30kgの味噌ができました。
**出来上がった「自家製味噌」は涼しい場所で約一年間程(一夏過ぎまで)熟成させる。

 

|

« 晩秋の季節の、小豆の収穫が終わりました。  NOー432 | トップページ | 春一番 ジャガイモの植え付けが終わりました。 家庭菜園報告 NOー434 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋の季節の、小豆の収穫が終わりました。  NOー432 | トップページ | 春一番 ジャガイモの植え付けが終わりました。 家庭菜園報告 NOー434 »