« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »

2023年11月

2023年11月29日 (水)

玉ネギ苗の植え付けが終わりました。 家庭菜園報告 NOー440

鳥取県地方も、周りの山々も色づき一段と気温が下がって来て日々に冬の気配が迫ってきて段々と外作業も少なくなって来ました。
この季節恒例の玉ネギ苗の植え付けです。
1)11月初旬、まず最初に玉ネギ用の畝作り作業です。
Img_8619a*先月に農園の草刈りと小型耕運機で畑を耕して置き根肥(牛糞)を入れて置きます。。


Img_8617ak Img_8624a*小型耕運機で耕した後に「有機ミックスの鶏糞と油かす」を散布しておきますImg_8629a *玉ネギ用の畝は幅広の2本「6列x4、5m」「6列x4、5m」を準備しました。
2)第一弾 11月中旬、「早生玉ネギ苗と赤玉ネ苗」の植え付けです。
Img_8656a*早生玉ネギ苗x100本と赤玉ネギ苗x50本 。
Img_8657a
Img_8661a*苗の植え付け間隔は列幅と間ともに約15cm 間隔です。*玉ネギ苗の植え付けは苗の間に有機ミックス肥料を置きます。 Img_8662a  Img_8678a*第二弾植え付け、11月下旬、Img_8684a晩生玉ネギ苗x200本を追加で植え付けしました。 Img_8687a*8列x25本=200本(約15cm間隔)の植え付けです。Img_8693a *今年の玉ネギ苗の植え付け総数は「赤玉ネギx50本、早生玉ネギ苗x100本、晩生玉ネギ苗x200本」です。
3)サツマイモの収穫が終わりました。
Img_8613aImg_8616a*今年6月に植え付けのサツマイモ「紅遙かx20、紅東x20ほん」を植え付けしました。  Img_8614a *今年は、高温のせいか?サツマイモの芋付きが比較的に小振りで総数を少なく余り良い出来栄えでは有りませんでした、来年は植え付けの場所を変えてみようかと考えてます。Img_8699a



 

 

| | コメント (0)

« 2023年9月 | トップページ | 2023年12月 »