2018年10月27日 (土)

冬野菜の第一弾の植え付けが終わりました。 家庭菜園報告NOー390

鳥取県地方も周りの黄金の田圃も稲刈りが終わって段々と冬の気配が近付いて来て居ります。
1)第一弾の冬物野菜類の植え付けです。
Img_2953_800x600*10月上旬、先月に冬物植え付け用の畝を6本程準備していましたので少し遅めに成りましたがようやく植え付けしました。
Img_2952_800x600*キャベツ苗x10本
*白菜苗x8本





Img_2960_800x600*ブロッコリ苗x16本
*レタス苗x3本

Img_2958_800x600
*根肥えに有機肥料ミックス(鶏糞+油粕)を入れます。


Img_2962_800x600





Img_2965_800x600







Img_2968_800x600



Img_2966_800x600

2)玉ネギ用の植え付けの準備の畝作り作業です。
Img_3010_800x600*10月中旬、インゲン豆の収穫も終わりましたので、先に撤去済の夏野菜類の畝も合わせて、草刈り作業をして、全面を鍬で天地返しをして耕土してからその後を小型耕運機を入れて柔らかく耕し畝を作ります。Img_3008_800x600Img_3009_800x600





Img_3014_800x600*玉ネギ用の畝は普段の畝の2本分を1畝にして幅広の畝とします、この後に根肥えとして有機肥料(牛糞+鶏糞)を施します。



3)秋の収穫物

*ツル有インゲン豆Img_3018_600x800

Img_2971_800x600*新ショウガ


Img_3007_600x800

*紅東サツマイモが順調に収穫出来てます。















**今年は春に植え付けしたサトイモ苗が夏の異常な猛暑の水不足が原因で全部株が枯れてしまって全滅で全く収穫出来ませんでした。
永年10年程サトイモを栽培してますがコンナ出来事は初めての経験でショックを受けてます。

| | コメント (2)

2018年9月30日 (日)

冬野菜の植え付け準備作業です。 家庭菜園報告NOー389

鳥取県も9月に入ってから連日の台風到来で雨の日が多く急激に気温が下がって来て周りの田圃の稲刈りも段々と進んで秋本番です。
ようやく、冬野菜類の種まき植え付けの準備で忙しく成って来ます。
1)先ず最初に夏の間暫く手就かずの野菜畑の草刈りと畝作りの耕運機入れ作業です。
Img_2861_800x600Img_2860_800x600_2Img_2670_800x600

 







2)冬野菜の第一弾種まきです。

Img_2892_600x800*青首大根の種まき






Img_2891_800x600



*聖護院蕪の種まき
、例年蕪の発芽は余り良く無いので今年は蕪は少し多めに種まきをします。

3)サツマイモの初試掘りをしました。

Img_2917_800x6005月下旬に植え付けした「サツマイモ金時」30本の
先ず2株を掘りをしました。
Img_2919_800x600*今年の夏は殆んど降雨が無く完全な水不足でサツマイモの葉身の育ちが非常に悪くて例年に比べ芋付きも特に小振りです。




3)金ゴマの花芽の付きの様子です
Img_2912_800x600

6月頭に種まきした「金ゴマ」3畝分が今年は少し遅目ですが待望の花芽が付きました。

*何時見ても「金ゴマの花」は薄ピンク色の可憐な花が咲きます。
Img_2867_800x600Img_2865_800x600

| | コメント (2)

2018年8月31日 (金)

我が家の、大豆と小豆の栽培 家庭菜園報告 NO-388

鳥取県地方も今年の夏は連日35度以上の記録的な酷暑が続いて居て、菜園も畑もカラカラで土埃が舞っております、真に経験の無い程の干バツに遭遇してます。
「大豆の完全無農薬栽培、第一弾の報告」
1)大豆、小豆用畑を耕運機で耕す作業をします。
Img_2505_800x600*6月上旬、
*春先から雑草に覆われた大豆畑を知人に頼んで大型耕運機で耕して整備して後、我が家の小型耕運機にて全面(約180坪)を天地返しと雑草除去の為に耕し大豆と小豆用の畝作りの準備をします。
Img_2508_800x600


 

2)種蒔き用の畝作り作業。
*6月中旬
大豆と小豆の種まき用の畝を作ります。
畝幅約35cm+溝幅x60cmで1畝は約95cm幅です。
Img_2514_800x600*溝は土寄せ作業で小型耕運機を入れる為に少し幅広く(60cm)に切ります。
Img_2520_800x600*大豆種蒔き用x17本畝
*小豆種蒔き用x6本畝
今年は小豆用を2畝分程少なく作りました。Img_2524_800x600







3)大豆の種まき作業。

Img_2526_800x600

*6月18日 

待望の、大豆種蒔きの作業開始です。
*大豆の種蒔き量x約1000g
Img_2529_600x800Img_2536_800x600


*大豆は一か所に3個ヅツx55列x17畝(約2900個)





Img_2541_800x600Img_2546_800x600
Img_2553_800x600


Img_2560_800x600



*種蒔き後はカラスやキジの被害を避けるために周囲に防鳥黄色糸と反射テープを設置しました。


4)大豆の発芽の様子。

Img_2588_800x600*7月上旬
*待望の大豆の発芽が始まりました、
Img_2589_800x600*今年は特に降雨が少ないせいか少し遅めの発芽状態です。



Img_2615_800x600

Img_2591_800x600

*今年は全体に発芽率(約85%で)が非常に良好です。






5)土寄せと草刈り作業。
Img_2815_800x600*7月下旬
種まき後約一月半経過して株も大分伸びましたので雑草の草刈りと土寄せ作業をします、何れの作業も大豆の生育を良くするには重要な作業です。
Img_2822_800x600






Img_2813_800x600









「小豆栽培の第一弾の報告」

1)小豆の種まきの作業。
*7月12日
Img_2674_800x600*今年の小豆は約200gを6畝に種まきしました
Img_2675_800x600*1ヶ所3個x55x6畝=約900個
*昨年より約2畝分少なく成りました。




Img_2682_800x600

Img_2687_800x600


Img_2689_800x600



*種蒔きした畝の周囲には防鳥用黄色糸と反射テープを4方に張ります。
2)小豆の発芽が始まりました。
Img_2819_800x600*7月下旬
待望の小豆の発芽が始まりました。
Img_2820_800x600*例年大豆は発芽率は95%異常で非常に良好です。




Img_2821_800x600



**次回は11、12月の大豆、小豆の収穫時期に第二弾を報告の予定です。

| | コメント (2)

2018年6月29日 (金)

サトイモ種芋を促芽箱入れ作業をしました。 家庭菜園報告NOー387

鳥取県地方も梅雨のど真ん中ですが、今年は空梅雨の気配で、殆んど雨が降りません。
その分、菜園の外作業には暑さが厳し季節です。
1)5月中旬、サトイモとジョウガの種芋を促芽箱で発芽させます
Img_2403_600x800*サトイモ唐芋(赤芋)種芋x1.0kg(約18個)
Img_2405_600x800*サトイモ石川早生種芋x1,0kg(約30個)

Img_2407_600x800*促芽箱(段ボール箱)の底部に発芽用に腐葉土を約15cm程入れ、天面には透明ビニールシートを掛けて保温と保湿して約一月半程の間で発芽を促進させます。
*サトイモ用に段ボル4個
*ショウガ用に段ボル2個
Img_2410_800x600*種芋の植え付け間隔は約10cmで1箱に12-15個程を植え付けします。





Img_2413_800x600*大ショウガ種芋x1kg(約18個分)
ー種芋は1個が約60g程に芽を傷つけない様に割ります。Img_2417_800x600
*ショウガの種芋は約15cm間隔で1箱に9-12個程植え付けします





Img_2421_800x600*天面に透明ビニールシートをかけ雨が入る様に穴を開け、更に風対策に針金の支柱と紐を掛ける。
*サトイモの苗は6月末頃から植え付けの予定です。


2)6月上旬、今年も恒例の「金ゴマ」の種蒔きです

Img_2574_800x600*昨年我が家で自家採取した「金ゴマ」を撒きます
Img_2571_600x800*今年の金ゴマの蒔き量は3畝で約200gです。




Img_2492_1024x768



Img_2495_1024x768*撒きの仕様は1畝に約4本の筋撒きで蒔きます。



Img_2498_1024x768*昨年は収穫量が比較的少なかったので今年は少し厚めに多く蒔きます。




3)脇枝が伸び出し夏野菜の支柱立て作業です。

Img_2586_800x600*丸ナスの支柱をクロスに立てます。Img_2576_800x600



*ピーマンと水ナスは直立式の支柱です。
Img_2578_800x600*大玉トマトとミニトマト類は合掌式の支柱をします。


Img_2582_800x600*カボチャは支柱を立てネットを張り空中栽培をします。
Img_2580_800x600*カボチャの空中栽培は受粉の効率が良く、伸びるツルを整え易いので便利です。

| | コメント (2)

2018年5月29日 (火)

今年も夏野菜苗を沢山植え付けしました。家庭菜園報告NOー386

鳥取県地方、未だ梅雨入りもしてないのに、連日25℃以上にも成りまるで初夏が訪れた様な熱い日が続いています、その分菜園の野菜達も雑草達も伸び盛りです。
1)ようやく、少し遅く成りましたが、連休に夏野菜類の7種(13品目)の苗の植え付けが終わりました。
Img_2361_800x600*トマト
ーミニトマトx4本。桃太郎トマトx2本。サンロードトマトx2本。

Img_2360_800x600ナス
ー米ナスx2本。博多長ナスx2本。黒陽中ナス。千両ナスx2本。



Img_2359_800x600*ピーマン
ーエースピーマンx2本。京みどりx2本。
*キュウリー4本。

*ゴーヤー長レイシx2本。*オクラx2本
Img_2364_800x600
Img_2363_800x600







Img_2372_800x600


*苗植え付けの間隔は35cmで植え付けで支柱たてます。
Img_2374_800x600*米ナスは例年我が家の定番品です。





Img_2376_800x600Img_2377_800x600*ゴーヤー青長レイシ




Img_2379_800x600*坊ちゃんカボチャには保温用ビニール袋を掛けます。

Img_2367_800x600




Img_2378_800x600*4畝の全部の苗には直立式で支柱を立てます。






2)サツマイ苗の植え付けをしました。

Img_2431_800x600*サツマイモの苗は金時X30本
Img_2432_800x600*今年の苗の植え付けは畝作りの時期の関係で例年より約10日程遅く成りましたが、サツマイモの植え付け期間は長いので、その分収穫時が送れますが、未だ未だ十分に間に合います。
Img_2434_800x600Img_2435_800x600*サツマイモの植え付けは2畝に30本を約40cm間隔で植え付けし全面マルチ掛けをしました。




3)夏物の種蒔です。

Img_2382_800x600

*ツルありインゲン豆
Img_2470_800x600*定番の黒田5寸のニンジン




**気候が段々と良く成って菜園も大豆畑も増々忙しく成って来ましたが、今年は此れかの夏は体(歳?)を考えて作業を少しセーブして遣っていこうと思って居ます。

| | コメント (2)

2018年4月30日 (月)

ようやく、今年のジャガイモを植え付けしました。 家庭菜園報告NOー385

鳥取県地方も今年は未だ4月末ですが連日の好天で25度程にも成って丸で初夏の様な気候が続いて居ります。
 ようやく、色々と有って「農園の草取り作業と耕土作業が大幅に遅れていたが畑の準備が出来て、今年のジャガイモの植え付けが終わりました。
1)4月頭、ジャガイモ種芋の植え付け作業Img_2259ak_800x684
Img_2246_800x600*植え付け数量
*ダンシャク芋ー1,0kg( 18個) 1畝
           Img_2241_600x800





*メークイン芋ー1,0kg
(30個 )1.5畝
           :
Img_2244_600x800







*キタアカリ芋ー1,0kg
(15個)1畝Img_2250_800x600_2






Img_2253_800x600


Img_2257_800x600

*今年の植え付け種芋の数量の合計3,0kgは昨年より植え付け面積と消費から約2.0kg減らしました。




2)春豆苗の定植です。

Img_2345_800x600Img_2344_800x600*今年2月に種まきした、春豆の自家製苗の絹サヤ赤花とエンドウ豆のポット苗が充分に大きく成りましたので定植しました



Img_2346_800x600*赤花絹サヤx22苗
Img_2348_800x600*エンドウ豆x15苗

Img_2346_800x600_2




*春豆にネット架けをしました。



3)4月中旬、恒例の初筍掘りをしました。Img_2320_800x600
Cimg9791_800x600_2
Cimg9795ak*今年は例年に比べて気温が高いので筍の採れる時期が約10程早い様です。




Img_2322_800x600


Img_2328_600x800

*早速、筑前煮や筍御飯で今年の初物の風味を味わいました。

| | コメント (2)

2018年3月23日 (金)

自家製味噌作りです。 家庭菜園報告NOー384

鳥取地方は今冬は極端な程雪が少なく、未だ3月中ナノに梅の季節を越して桜の花の季節到来で春真っ盛りです。
 今年も恒例の「自家製米麹の味噌作り」を仲良しの皆さん(A、I、S、Yさん,我が家)達6人でで遣りました。
Img_0297_800x600*JAの食品加工所を借りての作業です
Img_2129_800x600*加工所の場内

Img_2184_800x600*味噌作りの仲良しメンバーです。





    
 味噌作りの作業(延べ日数―3)
 
  〇材料=米‐15kg、大豆‐4kg、塩‐2、5kg、麹菌‐1袋(11g)○資材=味噌樽(30Kg入り)1個、ビニール袋(50L入り1枚、サランラップ)
「 1日目」 ◎米麹蒸しと仕込み作業
Img_2141_800x6001)前日に浸して置いた米15kg(1工程分)をザルで良く水を切りする。
Img_2127_800x600「2)洗い米15kgをセイロ入れ、蒸し温度が均一に成る様調節して約25分間蒸す,4工程分全て蒸し作業を完了。




「**
米麹の仕込み作業。」

Img_2130_800x6001)一回分の蒸米(15kg)を直ぐに揉み台の上に広げ、人肌の温度《約38度前後》に放置して冷まして、その後均一に良く揉み解す。
Img_2132_800x600
2)麹菌1袋(11g)を蒸し米の全体に均一に振りかけ、蒸し米全体に良く混ざる様に充分に揉み込む。
Img_2153_800x6003)麹菌を揉み込みした麹米消毒済み麹袋に入れ発酵器へセットする、消毒済みタオル2(保温用)を載せる。
Img_2135_800x600*注意点―発酵器の温度設定を保つ-重要。Img_2151_800x600
○「ヒーター温度34度、ファン温度38度」



Img_2145_800x600*大豆を水に浸
す作業。

*4工程分(大豆4㎏x4回分)を倍量の水に浸して置き2日目の準備をする。  




「2日目」 ◎大豆の煮作業と麹の手入れ(切り返し)作業                    

 
Img_2159_800x6001)大豆(水に約20~24時間程浸し)を十分に水切りし、4工程分を一度に圧力釜で蒸す、水切りが悪いと温度不足で蒸し不足の原因と成る。
2)圧力釜の温度と圧力の設定を一定に保つ。*設定温度―90~120度、圧力―0.5MPA以下)圧力釜の温度、気圧不足に成らない様に注意する。
 
Img_2171_800x6003)大豆の蒸し時間―40分間、後蒸らし時間―10~15分間、合計55分程蒸す。






 麹の手入れ(切り返し作業)」
〇麹米の手入れ作業   *前日から約20時間後(一回の手入れ作業)
Img_2155_800x6001)専用桶で発酵袋のまま麹米の塊を良く解して全体を均一に良く混ぜる、又変色や雑菌が有った時は十分に取り除く。
Img_2161_800x6002)麹手入れ後、再度発酵器に入れ、再度、温度設定を注意して発酵する。発酵温度は40度程度が良い、上がり過ぎ無い様に、(設定温度 *ヒーター34度以下、 *ファン温度―40度以下)

「3日目」    ◎味噌仕込み作業

 Img_2190_800x6001)先に一工程分の煮大豆4kg分と塩2、5kgを合わせ良く混ぜる(塩切り)Img_2166_800x600
 Img_2176_800x6002)出来上がった麹米約18、kg分と塩切した(煮大豆+塩)の全量約25.0kg
  を良く混ぜ合わせる。
3)その混ぜ合わせた物をミンチ機にて均一にミンチして味噌桶に仕込む。
Img_2178_800x600


4)その時味噌塊に空気が入らない様に上から良く潰し空気を抜く、仕込み桶(30kg入り)に仕込む、
Img_2177_800x600*味噌の天面にサランラップを被せその上に2,3cm厚さの塩(約1kg)で覆って雑菌が出ない様密封し閉じる。Img_2182_800x600

5)仕込み味噌桶は風通し良い涼しい場所にて約1年間保管し熟成させる。

| | コメント (2)

2018年2月12日 (月)

昨年(H29年)の我が家の家庭菜園の成績表です 家庭菜園報告 NO-383

鳥取地方は、今年全国的に大雪のニュースの中で、この時期では比較的根雪が少ない冬です、然し遠くの山々や田圃は雪に覆われていて、未だ々永い冬が1月程続きます。
 今年も、恒例の「平成29年度の我が家の家庭菜園栽培の成績表」をまとめてみました。
    (この成績表は個人的な栽培への期待度と達成度の評価表です)
◎総論
 *H29年の菜園は、春先の好天に恵まれ良い育ちと、秋の台風の影響は殆んど無かったが、一方夏の水不足と日照不足の影響が特に酷く「穀物類、トウモロコシや大豆」と「ショウガ、サツマイモ」等の収穫は大変悪い結果でした。
 *特定品の」「ジャガイモ、玉ネギ、ニンジン等」は安定した大量の収穫を得ました、 特に夏野菜と春豆類は良い苗作りで比較的期待した収穫が出来ました。
 *来年度「年々収穫が減少気味の大豆」の栽培には土壌の改良、種子の選別等の根本的な再検討が必要な時期(菜園は10年目)に成って来たと考えてます。
*大豆畑Img_1694_800x600_2
Img_1854_800x600*蕎麦の花




        

「平成29年度の我が家の家庭菜園栽培の成績表」                                                                              

 

成績表 品目

 
 

内容

 
         横綱 予想以上の収穫
 

 

 
 

     ジャガイモ
    (
ダンシャ
 
   メークイン、キタアカ
 

 
 

ジャガイモ3種―全品目玉太りも良好で一年分程の収量を確保出来ました
 

玉ネギ3種は大雪にも拘らず、好天で玉付きも良く、昨年の葉腐れも無く
 
予想以上の収穫でした。

 


サトイモ
は春の発芽促進が良好で良い苗が出来、赤白芋とも質量とも上出来でした。

 
*ニンジンは種蒔き畝の土壌が良く色付き太さ共素晴らしい出来栄えと成った

 
 

 

 
 

玉ネギ(晩生、中生、

 

早生)

 
 

サトイモ

 
 

春 ニンジン

 
       大関           期待以上の収穫  
 

 

 
 

夏野菜―トマト(大玉、中、ミニ)、長、丸ナス、
 
ピーマン、キュウリ、

 
 

夏野菜類(特にトマト、ピーマン、長ナス、キュウリ)は夏好天で良く育ち、特に、ナス、
 
ピーマンは長く収穫出来た。

 

春キャベツ、冬ブロッコリ苗の定植が良く、害虫の被害も無く成り安定した収穫でした。
 
 
*ニンニクは越冬が良好で、春に大小ニンニク共に沢山の収穫と成った。
 
 
冬大根、聖護院カブは、品種選別と土壌と種蒔き時期が適合して良く出来た。

 
 

春キャベツ、冬ブロッコリ

 
 

ニンニク

 
 

冬 大根、聖護院蕪

 
     関脇           期待の収穫  
 

 

 
 

秋蕎麦

 
 

*秋蕎麦は植え付け場所を変えて土壌が好転して良い実が採れた。
 

*金ゴマは
例年より種蒔の量が少なかったにもかかわら良い粒の実が出来た。

 


*春豆絹サヤ、エンドウ豆
は春の好天で発芽成育も良く連日余るほど取れた
 
*葉物はコンスタントに例年通りの収穫が出来た。

 
 

金ゴマ

 
 

春キヌサヤ、エンドウ豆

 
 

ホウレンソウ、チンゲンサイ、
 
レタス、

 
    小結          期待に届かず  
 

 

 
 

サツマイモ

 
 

*サツマイモは例年良い出来栄えの作物だが今年は植え付け土壌が合わない等?
 
で芋付きが不良で有った。
 
*ショウガは芽出しが不調で追加したが、時期が遅れ新芽、水不足等で株の育ち
 
が悪く植え付けの約半分程の収穫と成った。
 

ソラマメは植付け場所の関係で移植の時期が遅くて実不良で収穫量が落ちた。
 
トウモロコシは苗の出来は良好も夏水不足等で実付きが極端に落ちた、
 
種の品種を再検討する。

 
 

ショウガ

 
 

ソラマメ

 
 

トウモロコシ

 
 

冬白菜

 
 

 ネギ

 
 

 

 
 


 
 
小豆

 
*総収穫量6.0kg(昨年より約2.0kg減量)。  


*今年は種蒔き量を約20%少なくした、初夏の雨不足で育ちが遅れたが、
 
豆粒ザイズも実の入りは多く、夏の害虫被害比較的少なく、台風の被害は無くて
 
順調育ち比較的良い収穫が出来ました。

 
 

 

 
 

大豆

 

 

 

*今年の大豆は栽培面積を2畝(+20%)に増やし、初夏の好天で葉身の生育
 
と花芽の付きも良く順調でしたが、夏の雑草取りと土寄せ作業の回数を減らした
 
影響等で大豆の実付きが悪く結果、収穫量は例年通りの収穫量と成りました。

 
*我が家の大豆栽培は無農薬栽培と畑が固定されていて、カメムシ等病害虫  

の被害が大きく、年々栽培が難しい作物です。

 

 

| | コメント (4)

2017年12月18日 (月)

今年の大豆と小豆の収穫が終わりました。 NOー382

 鳥取地方も12月に入り急に気温が下って日毎に冬の気配が深まって来ました、我が家の家庭菜園や畑の外作業も終わりの時と成って来ました。
「大豆と小豆栽培の報告 第二弾 」
 
前回の「9
月26日のブログNOー379「大豆、小豆栽培報告 第一弾」にリンク 
   「大豆の収穫作業です」
1)8月下旬頃、大豆の花芽付の開始。

Img_1717_800x600
*真夏の暑さにも負けず薄紫の白大豆の花芽が付き始めました。Img_0892_1024x768








2)9月下旬頃、
待望の大豆の実入りの開始です。
Img_1807_600x800*種蒔き後約3ケ月経過して実付きが始まりました。

Img_1809_600x800







3)10月末頃、大豆の実入り終わりと乾燥の進んだ様子。
Img_1880_800x600*実入り後の約1ヶ月経過して充分に実入りと乾燥が終わりソロソロ収穫時期が近く成って来ました。
Img_1879_800x600







4)11月15日、待望の大豆の収穫作業です。

Img_1934_800x600*11月に入り、実の乾燥も進み早い実が落ち始めましたので収穫です。
Img_1935_800x600






Img_1941_800x600*我が家の大豆の取り入れの遣り方は、株の根元から刈払い機で直接刈り取ってビニールに集めます。
Img_1937_800x600

Img_1957_800x600



*刈り取った大豆は屋内で約10程充分に乾燥させます。


5)11月下旬、大豆の脱穀作業です。

*今年もJAにて大豆脱穀機を借り大豆畑で脱穀作業をしました。Img_2005_800x600
Img_2006_800x600*JAの大豆脱穀機は大型で重量も有って大豆畑への運搬が非常に大変ですが、脱穀(約半日程の作業)と後の荒選別作業も同時に出来ますので大変助かってます。
Img_2010_800x600Img_2071_800x600*今年の大豆の収穫量は選別前で約20kg程で昨年より量粒共に出来は良いようです。

Img_2069_800x600



  


 


「小豆の収穫作業です」

1)9月上旬頃、小豆の花芽付の始まり
Img_1773_800x600Img_1774_800x600*夏も過ぎて小豆の可憐な薄黄色の花芽が付き始めました。






2)10月上旬頃、小豆の実付きの始まり。
201710041344002_240x427
*7月中旬に種蒔きしてから約3か月程で待望の小豆の実入りが始まりました
201710041345001_240x427











3)11月上旬頃、小豆の実の乾燥と収穫作業開始です。

Img_1867_800x600*11月の好天に恵まれて小豆の実が少しずつ上部から乾燥が進み増したので、少しづつ乾燥に合わせて直接実を摘んで収穫していきます。
Img_1868_800x600


Img_1870_600x800








Img_1915_800x600*収穫量は鞘付きままで大ビニールシート1杯分ほど取れました。


Img_1912_800x600

*今年の小豆の収穫は種蒔き量を減らした割には4-5kg程採れて粒も揃っていて良い出来栄えでした。



**大豆、小豆の収穫も終わって後は葉物等の収穫だけで今年の菜園畑も終わりと成りました。

| | コメント (2)

2017年11月29日 (水)

今年も、秋蕎麦の収穫が終わりました。 NOー381

鳥取県地方も11月に入って好天気の日々が続いてますので、色々と秋の収穫で畑も忙しく成って居ります。
A)今年も待望の秋蕎麦の収穫が終わりました。
1) 9月上旬、秋蕎麦の種蒔きをしました。

Img_1777_800x600*今年は植え付け面積の関係より昨年より約50%程少なくして約400g程を4本畝に種蒔きしました。
Img_1779_600x800*昨年採れた蕎麦の実を今年も使用しました。





Img_1786_800x600


*我が家の蕎麦の種蒔きのやり方は種まきの量も少ないので、薄撒きにして収穫の便利を考えて畝に4本条撒きで遣ります。
Img_1789_800x600*普通は蕎麦の栽培は、平地にバラ撒きで機械での刈り取りが殆んどです。





2) 9月中旬、蕎麦の新芽の発芽です。

Img_1819_800x600*種蒔き後約2~3週間程で良く発芽します。
Img_1821_800x600









3) 10月中旬、蕎麦の真っ白な花芽が付き始めました。 
Img_1854_800x600Img_1852_800x600

*何時見ても秋蕎麦の花芽は真っ白で可憐な美しい花ですネ。





4) 11月上旬、待望の蕎麦の実入りと乾燥が始まりました。

Img_1890_800x600*11月に入って好天が続きましたので蕎麦の実入りも良くて、日に日に乾燥が進み収穫時も近いです。
Img_1893_800x600


Img_1894_800x600







5) ようやく、秋蕎麦の収穫と時と成りました。

Img_1965_800x600*11月下旬、蕎麦の乾燥も充分に進み一部上の方の実が落ち始めましたので待望の収穫をしました。
Img_1968_800x600


Img_1963_800x600





Img_1970_600x800





Img_1981_800x600*我が家の蕎麦の収穫は、実の落下の防止と量的にも少ないので選定ハサミでの手刈り採りです。




6) 収穫した荒選別の秋蕎麦の実です、*今年は約2.0kg程取れました。Img_2000_800x600
Img_2001_800x600
Img_2002_800x600

*この後、再度選別して製粉出来る様に迄選別をします。



B)サトイモの収穫が終わりました。
Img_1846_800x600*4月下旬に促芽箱で発芽させたサトイモ「石川早生白種芋1.0gx28個と唐芋(赤芋)種芋700gx22個」を、6月下旬、発芽率約70%のサトイモ苗を4本畝に植え付けしました。Img_1842_800x600Img_1897_800x600
「石川早生白芋苗x19本を収穫








「唐芋(赤芋)苗x、14本」を収穫。
Img_1848_800x600*今年は10月に降雨が多かった影響で苗の育ちが良く沢山のサトイモが収穫出来ました。
Img_1904_800x600


Img_1916_800x600*唐芋(赤芋)の茎は、切り取って残して、皮を取り油でから揚げにして三杯酢や味噌等で和えて食べると柔らく非常に美味ししく食べれます。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧